お年玉年賀切手

  • 2018.03.07 Wednesday
  • 05:54
先月初めに家のロフトで捜し物をしていて、子どもの時から集めていた切手のコレクションが出てきました。その中に、お年玉年賀切手がまとめて袋に入っていたのです。最近のは居間の整理棚に詰め込んでいたので、合わせて整理してみると、一番古いものが1962(S37)年からあり、今年2018(H30)年までの57年分のうち、45年分があることが分かりました。62年といえば小学校の4年生。家に来た年賀葉書を整理して、当たっているものを郵便局で引き替えてもらっていたことをよく覚えています。昔は葉書が5円、封書が10円だったのですが、ほどなく7円と15円に値上がりしていました。
お年玉年賀切手1

中ほどの1982(S57)年から1990(H2)年というと、結婚して子ども三人が次々と生まれていた期間に当たります。末っ子だけは昭和ではなく平成生まれになりましたが、この昭和64年というのはたった一週間しかなかったのですから。貴重なものかもしれません。最後のところで41円62円になっているので、いよいよ消費税が始まったことが分かります。
お年玉年賀切手2

その後50円80円がしばらく続いてますが、2015(H27)年からは52円82円になり、今年から62円82円となった訳です。初めの頃は葉書代×4枚付いていたものが、葉書+封書代1枚ずつになったし、昔は当選番号三つ当たっていたものが最近では二つになっているので、郵便事業もますます苦しくなっていることがよく分かります。考えてみれば、葉書も封書も手間は同じくかかるわけですからねぇ。
お年玉年賀切手3

今年は喪中だったから1枚しか当たらなかったけれど、毎年10数枚当たっているので、全体だとかなりの枚数になっています。はずして使うのも面倒だし、古物商はせめて等価で引き取ってくれるのかなぁ… 我が家には、こういうものがまだまだ隠れていそうです。
コメント
いつも楽しく拝見しています。
お年玉切手、拙宅も堆積しています。母から引き継いだものも含め、1957(昭和32)年から今年までの62年中、56年分ありました。1984(昭和59)年の子年から十二支3クール連続し、来年2019年亥年が当たると、4クール計48年連続になります。
 切手は私製ハガキや封書に個別に貼らなくても、郵便局に持っていくとまとめて大型重量の郵便物の送料として受け取ってくれるそうです。ただし私は使う気になかなかなれません。困ったものです。
↑上記訂正です。
1984(昭和59)年の子年から十二支2クール24年連続し、来年2019年亥年が当たると、3クール計36年連続になります。
すみません。
keystonesapporoさま

いつもありがとうございます。
56年分とはすごいですねぇ。最近結構交換サボったりしているので、中抜けしてしまいました…
S30年代だと4倍になっているとはいえ、1シート80円です。
他の記念切手はゆうパックに使ってますが、これらは金額が小さいので使う訳にも行かず、困りますねぇ…
  • こまめ
  • 2018/03/09 6:54 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM