町中の風景

  • 2018.03.04 Sunday
  • 05:52
昨日は午後から町中で、滝野公園のフラワーガイドボランティアの意見交換会がありました。嵐の間はあまり外に出なかったので、雪の山で風景が変わっているのにびっくり。あちこちで渋滞が起きていたけれど、これからは排雪する予算もそんなにないだろうし、春まで難儀が続きそうです。
雪山

母のところで用足ししたり、途中でうどん食べたりしているうちに、時間がなくなってしまったので歩いて行くのを断念し、市電でショートカットしようと電停に向かって歩きました。久しぶりに南一条通に出ると、西18丁目にあるプラタナスがすっかり丸坊主に。私にとって大切な存在なだけに、ううっと唸ってしまいました。最近の札幌市の道路管理者には、過剰な安全意識が蔓延しているようです…
プラタナス

西15丁目で電車を待っていると、すぐに広告で真っ黄色になった電車がやってきました。広告収入も大事なんだろうけれど、もう少しましなデザイン処理ができないものですかねぇ。新型車両が導入されていけば、広告スペースがほとんどないので、やがてなくなることを期待したいです。
市電

会場は植物園前なので、西8丁目で下りてまっすぐ北に向けて歩きました。道路には雪融け水が行き場をなくし、あちこちでプールのような巨大水たまりが。排水ますはすべて雪山の下なので、しばらく大変なことになりそうです。大通公園の雪山はしんと静まりかえっていたけれど、滑り台作ってビニールの座布団おいておけば、海外からの観光客には最高に受けると思いますが。
大通

いつも講義や講習会で紹介してきた、やってはいけない植栽例の一つ。こんな植桝を設計した建築屋がアホなのか、こんなところにプンゲンストウヒを植えた植木屋がアホなのか…
アホな植栽

STV前に植えられているアセビには、いつでも花を咲かせられますよ〜とつぼみが膨らんでいます。植えられてから50年くらい経っているので、すっかり北海道の気候に慣れたとはいえ、よくこんな吹きさらしの場所で耐えてきたものです。
アセビ

会場のトイレに置かれているペーパーの銘柄が「のぼり藤」。このデザインからすると、普通のフジの葉は垂れ下がるけれど、「のぼり藤」の葉は上に昇っていくと思ったのでしょうか?でもルピナスの絵が描かれていると、普通の人はなんじゃい?と思ってしまうので、デザイン的にはこの方がいいのかもしれないけれど、フジなんだからせめて花房をねじり上げてくれればよかったものを…(^^;)
のぼり藤
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM