アレックス・カー

  • 2018.01.29 Monday
  • 05:46
土曜の夜にテレビを見ていたら、外国人観光客がよく訪れる場所の一つに、祖谷渓(いやだに)のさらに山奥にある『篪庵(ちいおり)が紹介され、アレックス・カーが案内していました。思わず、まだやっているんだ!と、すぐ横の書棚にある芸術新潮のバックナンバーから、この号を取り出して読み返してしまいました。1995年2月号なので、今から23年前。この前後十数年購読していたので、1m分くらい溜まっている中で、この号だけは別格だったので、別の場所に置いていたのです。白洲正子さんに傾倒していたので、彼女との対談形式での特集に、一体誰なんだろう?と興味津々でした。
芸術新潮

前半は、白洲正子さんの身の回りに無造作に置かれている器や書や、家具や衣装など。実はものすごい価値の骨董もあるけれど、器は使われてなんぼの世界。「生け花の先生は器でした。」とこともなげに言いつつ、気迫を込めて花を活けているのです。「自然の花は確かに輝いて見えるけれど、それはあくまで素材。人間が摘み取って、器に入れて、部屋に飾って、花に本当の命が吹き込まれるのだと思う。」ううむ。
白洲正子

アレックス・カーは、なんと私と同じ歳。海軍に勤めていた父と共に幼少時に日本で過ごし、エール大で日本学を専攻後慶応大やオックスフォード大に留学して、東洋の文化に精通していったのでした。白洲さんとはお互い共通の友人などを通して、一目置く存在として意識はしていたけれど、実際に会ったのはこの時が初めてとありました。今読み返しても、なかなか含蓄のあるやりとりに引き込まれてしまいます。
対談

彼は二十歳の時に、自身の「お城」を求めて全国各地の田舎を訪ね、東祖谷の山奥にある古民家にたどり着いたのです。私が北海道に来た年に、彼は四国の山奥でこんな民家を手に入れていたなんて。初めてここに泊まった朝に、縁側にそっとトマトとキュウリが置かれているのを見て、地元の方に受け入れられたんだととてもうれしかったと、テレビで話していたことが印象的でした。こんな田舎にこそ、本物の美しい日本の姿があるんだと、強く確信したことでしょう。その後の厳しい現代日本批判は、このような場所に住んでいるからこそ、力強さと説得力を持っているのです。

篪庵

築300年の茅葺き屋根の古民家は、内部はすっかりリニューアルされて、快適に過ごすことができるようになっているようです。また地域の方と協働で古民家の内部を改修して、一軒ごと借りて泊まれるようになっています。いつか泊まってみたいところが、また一つ出てきましたねぇ。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM