ヒヨドリ

  • 2018.01.19 Friday
  • 05:45
事務所のあたりは、比較的緑も多い住宅地ですが、飛んでくる野鳥は多くがカラスかスズメくらい。昨日珍しくヒヨドリが数羽止まっているのをみて、懐かしく感じてしまいました。
ヒヨドリ

6年前に猫の‘こまめ’がやって来たので、野鳥が寄りつかなくなりましたが、自宅はほとんど山の中といったところなので、窓の目の前にたくさんの野鳥がやって来てました。中でもヒヨドリは最も数が多く、枝にリンゴやパンくずを入れたザルを掛けていたので、時折数十羽の群がやってくることもありました。
群

10年ほど前はそんなに忙しくなく、日曜の昼間など窓際の椅子で新聞を読んでいると、すぐ目の前でホバリングしながら「ザルが空っぽだよぅ」といわんばかりに訴えていることもしばしば。お腹が一杯になると、じっと枝に止まって昼寝をするほどで、勝手にピーちゃんと名付けてかわいがってました。(ピーちゃんが何羽もいたかもしれませんが…(^^;))
ピーちゃん

ヒヨドリだけでなく、ツグミもよく来ていました。こちらの方がちょっと丸っこく、パンを食べてよくザルに座って一休み。風に揺られながら昼寝していることもあったくらいです。
ツグミ

年によっては、ミヤマカケスが頻繁に来る年もありました。体が大きいし、鳴き声がけたたましいので、他の野鳥は逃げてしまいますが、ガラス越しとはいえ、ほんの1mくらいの距離で眺められるのですからとても楽しみでした。
カケス

そんな楽しみも、こまめがやって来てからは窓際で大騒ぎするので、ピーちゃんも困ってしまい、名残惜しそうに飛んでいってしまいました。リンゴもパンくずもやらなくなると、枝に止まることもなくなって寂しい限り。生き物とのつきあいは難しいものです。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM