ミツバチの世界

  • 2018.01.16 Tuesday
  • 05:56
このブログも、まもなく4月で丸6年。昨日で画像が13,000枚を越えました。記事の数が2,100を越えているので、一つに付き6枚以上使っている計算に。問題は容量が既に満杯になってきており、4月までもつかどうか… 容量は1GB(ギガバイト)=1,024MBまでありますが、現在94%まで来ています。ぎりぎりまで画質を落としているけれど、これだけ枚数を積み重ねると、恐ろしいデータ容量になってしまうものです。忙しくなる前、3月末を目途に引っ越さなければならないようです。

ロフトに上がると、ついいろんなものに目が行ってしまいます。昔読んでいた本がここにもどっさり置かれており、中高生の頃によく読んでいた保育者のカラーブックスを、30冊ほどある中から数冊引っ張り出してしまいました。ほとんどが植物系ですが、その中にこんなものがありました。
 表紙

カラーブックスというのは、文庫本のサイズですが、当時としては画期的に1ページおきにカラーになっており、この本は1963(S38)年発行で200円。その数年後、中学に入ってから買ったものだと思います。本屋でこれを見たときに、無性にハチを飼いたいと思ってしまいました。その気持ちはずっと持っていたのですが、当時の生活からはそんな場所も時間的余裕もありませんから、これを眺めては夢想していました。
ミツバチ

鉄腕!DASH!を昔から見ているのですが、福島にいるときに日本ミツバチを飼い始めたときには、耳学問だけはしっかり仕込んでいたので、大丈夫かなぁと心配になったり、うらやましいなぁと溜息をついたりして見ていました。この写真なんか、全くあの雰囲気そのものです。
家庭養蜂

昨年市立大通高校に行った時に、ここの屋上でハチを飼っているのを聞いていたので、さっそく巣箱が置かれている場所を見学してきました。まさか札幌で越冬させているなんて、全然考えもしていませんでしたから。一月に100キロ以上も蜂蜜が取れるなんてと、本当にびっくりさせられたのです。
ローヤルゼリー

子供の頃は、蜂蜜は超貴重品。風邪引いたときに、スプーンで舐めさせてくれるくらいで、あこがれの食品でもありました。そんな蜂蜜がどっさりと取れるなんてと、心底うらやましかったのです。余市は暖かそうだから、早く引退してハチを飼ってみようかなぁ…(^^;)
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM