フロッピーディスク

  • 2018.01.15 Monday
  • 05:54
先日捜し物をして、滅多に上がらないロフトのキャビネットや机の引き出しを開けてました。そうしたら懐かしいものが。5インチのフロッピーディスクです(正式には5.25インチですが)。これを開発したIBMは「Diskette」を正式名にしていたけれど、通称のフロッピー(柔らかい)ディスクのの方が通用してしまったそうです。
5インチ

30年以上前の植木屋時代、冬のヒマな時に見に行った事務用品の展示会で、当時出始めのワープロに釘付けになり、40万以上もするマシンを衝動買いしてしまいました。もちろんローンでしたが、当時の月給の何ヶ月分もするものを、よくもまぁ買ったものです。この画像の機種とは違いますが、頭にプリンターが乗っかっている、どでかいワープロでした。これにはフロッピードライブが二つ付いていて、まず左にシステムフロッピー(右の2HD、多分容量1.2MBくらい)を差し込んで起動し、次にもう1枚の記録用フロッピー(左の2DD)を差し込んで使うしくみでした。

  ワープロ

その後転職して入った会社は、コンサル部門だけでなく、オフコン部という、当時最先端のコンピューターの販売とリースも行っている会社でした。NECの代理店をしていたので、企業向けのオフィスコンピューター(オフコン)と、個人向けのパーソナルコンピューター(パソコン)の二本立てで、オフコンはこのN5200、パソコンは出たばかりのPC9800が主力でした。
N5200

N5200にはなんと8インチのフロッピー(同 1.6MB)が使われていたのです。こんな大きさで、なよなよしたディスクを扱うのですから、よくも傷ついたりほこりで読めなくなったりする事故が起きなかったものです。
8インチ

さすがにこんなディスクでは危険なので、ソニーが開発したのが3.5インチのフロッピー(同 1.44MB)でした。私はマイクロソフトが大嫌いだったので、会社の中で1人Macを使っていましたが、アップルは容量の小さなフロッピーでは対応できないと、まもなくCD(同 650MB)に移行してしまったので、3.5インチを使ったのもほんのわずかな期間だったかと。このMacフォーマットのディスクは、今となっては貴重なものかもしれません。
3.5インチ

今ではCDやDVDドライブのないノートパソコンは当たり前になっており、持ち歩いているUSBだって4GB(ギガバイト)もあるのですから、本当に隔世の感があります。私の世代は幼少時にテレビや洗濯機、冷蔵庫などが出現し、あらゆる電化製品の誕生を体現してきましたが、コンピューターの世界もずっと翻弄され続けてきたものだと、あらためて感じてしまいました。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM