今年の雪

  • 2018.01.08 Monday
  • 05:52
今年の雪の積もり方は昨年と異なり、ほぼ平年並みに推移しているのでしょうか。札幌は昨日久しぶりに雪かきしましたが、降っても間隔が空いていることや、その間に暖気が来て融けてしまうため、ほとんど積もらない状態が続いてました。50年振りの大雪に見舞われた昨年とは本当に様変わりです。事務所から見える隣の車庫の屋根だって、今回積もったふわっとした雪が乗っかっているだけです。
積雪状況

今季始めて、札幌市内の降雪状況のページを見てみました。札幌市のページなので、基本的には各区の土木センターの降雪状況ですが、今季から北区のあいの里、南区の定山渓、西区の平和の三地点が新たに加わりました。市内には約50箇所のマルチセンサーが設置されているので、すべてデータは蓄積されているのですが、HPでももう少しきめ細かく情報提供することになったようです。中央区は土木センターと管区気象台の二地点。土木センターの平年値は至近の5カ年ですが、気象台は1981年〜2010年までの30年間の平均値となっています。

これで見る限り、降雪量も積雪深もほぼ平年並みというところ。これを見ると昨年の積雪深の異常さがよく分かります。12月に積もった雪が、そのまま3月まで残っていたわけです。
気象台

昨年は手稲の山裾を雪雲が吹き込んだために、地域的にも、手稲、西、中央西部、南と雪が多く、例年多い北、東、さらには当別や岩見沢など北寄りの地域は少雪になりました。今年は例年のように北寄りに吹き込んでいるようで、岩見沢はそこそこ、月形はなんと150cmも積もっているようで・・・その余波がこんな所にも。
滝野公園

園内の積雪がなんと31cm、市内には20cmも積もったのに、滝野にはわずか4cmしか降らなかったようです。いまだにファミリーゲレンデが全面供用できていないようです。ミュンヘン大橋のたもとにある南区の土木センターでは、降雪量は平年並みなのに、積雪深は圧倒的に少ないようです。このまま降らないわけではないでしょうが、この先どんな天候になっていくのでしょうか。
南土木
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM