紅の夢

  • 2017.11.27 Monday
  • 06:00
私がプラムリーでジャムを作っていることを、このブログで知った方から、大変珍しいリンゴをいただきました。Brainsの交流会に参加にあわせて、わざわざ届けてくれたものです。果肉まで赤く、酸味が強い加工向きのリンゴだとのことでした。まだ残っていたブラムリー(左)に負けないくらいの大きさで、母親である紅玉(右)より一回り大きな果実でした。
リンゴの比較

この「紅の夢」というリンゴは、紅玉とスターキングデリシャスの交配によって作られた品種であると思われていました。ところが遺伝子を調べると全然違っていて、どうもエターズゴールドという品種のようだが、この品種は果肉が赤くならず、名前の通り黄色くなる品種なので、どこかで間違ってしまったらしいということが分かったそうです。
紅の夢
 (「青い森の片隅から」 (青森県のりんご)より引用させていただきました。m(__)m)

一昔前ならこんなことは分かりようもなかったのに、今は遺伝子レベルで配列や数がきれいに分かるため、名無しではかわいそうと「赤肉親候補A」などという不粋な名前を付けられたリンゴが片親ということになったのだそうです。

花粉親
 (青森県のりんご)より引用させていただきました。m(__)m)

昨日さっそくジャムを作っておこうと、サクッと割ってみると、思わずおおっと声を上げてしまうほどの鮮やかさ。なかなか衝撃的な果肉の色でした。
断面

これは果皮ごとジャムにすると真っ赤になりそうなので、皮付きでさっそく煮ていきました。紅玉よりもかなり早く柔らかくなり、同程度の酸味なので、とっても風味がよく、甘酸調和の取れたジャムになっていきました。
皮付きジャム

この後残っていた紅玉とブラムリーでそれぞれジャムを作り、今年のジャム作りは無事に終わりました。こんなバラエティーに富んだジャムは初めてで、嬉しくなってしまいます。「紅の夢」はまだ市場にはほとんど出回っていないようですが、一日も早く出回るようになってほしいです〜
ジャム完成

こんな貴重なリンゴを頂戴し、本当にありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。m(__)m
コメント
 この度は「紅の夢」のジャムを喜んでお作り戴きましてこちらも大変嬉しく思っております。ほんのお口汚しでご免なさい。
 差し上げましたプリントは2010年の古い情報で大変失礼致しました。反ってご確認を戴き有難うございました。今後はこちらを参考にします。
 「ブラムリーファンクラブ」のお一人は皮をむいて、その皮を一緒に煮ると名称のごとく真紅になりました。きっとお写真と同色のジャムに出来上がったのでしょう。
 私は皮をむいてしまいましたのでピンク色のジャムでした。来年こそ紅いジャムをめざしたく思います。
 現在、青森、岩手で出回っています。
 又現在、、生食用の「なかの真紅」が登場しました。

 尚、こちらのブログにてブレインズ交流会で仁木ヒルズの福森さんの講演会を知り、その折梅木さんにもご紹介と思い出掛けましたのでお気になさらないで下さい。
 北海道でもJGNのお集まりなどを楽しみに致しております。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
  • ライムG
  • 2017/11/28 1:48 PM
先日は交流会でお会いできてうれしかったです。
ありがとうございました。
弘大の塩崎先生、こんなリンゴを作り出していたのですね!
偶然の産物としても素晴らしい。
藤崎農場の実習では怒鳴られてばかりでした。
おっかないおじさんという印象しかなかったです。
年末に帰省予定なので味見しようと思います。
  • ほそもみ
  • 2017/11/28 9:17 PM
ライムGさま
貴重なリンゴをありがとうございました。
生食でも十分食べられる美味しさでしたが、ジャムにしても1.5瓶作ることができました。
これは本当にたくさん出回って欲しいリンゴですね。
来年開園する娘の農園に、プラムリート共に苗木を植えたいと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします〜
  • こまめ
  • 2017/11/29 7:50 AM
ほそもみさま

塩崎先生の教え子だったのですね!!
品種づくりは90%が努力だけれど、10%が運なのかもしれませんね。ミツバチのいたずらが、こんな大きな実を結ぶのですから。
「こうこう」はこちらにはまだ出回らないですが、一度食べてみたいと思っています。
さすがリンゴの国ですねぇ。
  • こまめ
  • 2017/11/29 7:54 AM
>現在、青森、岩手で出回っています。

私は千葉県の者ですが、イトーヨウカ堂という近くのスーパーで、「紅の夢」を売っておりました。

早速買って、皮ごとジャムを作りました。
真っ赤なジャムができました。
・・・
ただし、高価な物で、少しだけ、です。

「こうこう」は本当に蜜いっぱいの、パインのようなりんごです。

りんごが大好きなので、「生きているうちに全品種制覇」と思っても思っても、新種がでるので、あきらめました。
  • 和子
  • 2017/11/30 2:25 PM
和子さま

コメントありがとうございました。
「生きているうちに全品種制覇」とは壮大な野望ですね…(笑)
道内にはあんまりたくさんの品種が出回らないので、うらやましくもありますが、最近‘ふじ’の派生品種がかなり出てきているので、一つずつ制覇しています。
それにしても杉山さんのサイトは素晴らしい。みかん県生まれだけれど、いつもリンゴに浮気しています〜(^^;)
これからもよろしくお願いいたします。
  • こまめ
  • 2017/12/01 8:47 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM