フラワースキルアップ講習会

  • 2017.11.25 Saturday
  • 06:00
昨日は、北海道フラワースキルアップ講習会。北海道花き振興協議会の主催となっていますが、実質的な運営は日本ハンギングバスケット協会北海道支部が担っています。花修景の知識や技術のスキルアップを図ることにより、北海道の花の魅力アップを図り、結果的に花の流通の拡大を図るものというのが表だった目的。会場はかでるの大会議室なので、こんな大きな入れ物にはたしてどれだけやってくるのか心配になりましたが、次々と顔見知りの方たちがやってきました。二つの専門学校生も団体でやってきたので、ほとんどぎっしりになるほどでした。
入り口

会場には、さすがハンギングバスケット協会らしく、すばらしいハンギングが飾られておりました。あの小さな容器で、どうしてこんなにボリュウム感が出るんだろうと思っていたら、あとでその種明かしもしてくれました。
ハンギングバスケット

ステージの前には、ずらりとプランターが飾られ、殺風景な冬枯れの風景しか見ていないので、やはり嬉しくなりますねぇ。しかもこの容器は伊藤商事の新製品だそうで、小さな容器ながらボリュウムが大きく見える工夫がされているとのこと。さすがです。
プランター

講演はその伊藤商事の社長から。伊藤さんとはカントリーガーデンの開園直後に何度かお目にかかったけれど、それ以来だったので十数年振りでしょうか。北海道はハンギングに最適な場所なんだから、いいものどんどん飾ってや〜とハッパかけられたことを思い出します。今では毎年支部会員による最高レベルのハンギングが見られるのですから、その役割を果たしているでしょうか。社長はもう歳だからと言いながら、相変わらずのアイデアマンで、国内はもとより、中国各地で相当活躍されているようでした。
伊藤社長

その後、マスターのNさんから、ハンギングとプランターの作成意図や特徴などの解説がありました。こういう説明があると大変分かりやすく、なるほどと感心することが多いので、滝野公園のハンギングも解説をやってほしいなぁ…(^^;)
中野さん

肝心のパネルディスカッションは、パネリストに梅木さん、高野さん、大森さんをお迎えしているので、私から何をお願いすることもなく、面白くてしばし聞き惚れてしまい、あわてて我に返ってコーディネーターの仕事に戻る始末。私自身も大変勉強になり、スキルアップ講習会の名に恥じない内容といえるのではないでしょうか。みなさん、本当にありがとうございました。
パネル
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM