オホーツク公園

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 05:48
盤渓峠を少し越えたところで、ウサギ(エゾノユキウサギ)が道端にいるのに気付きました。既に冬毛になっているため、あんな真っ白な姿では、真っ暗闇の中でもすぐに見つかってしまいます。これまでシカやキツネ、タヌキ、テン、エゾリスなどに出くわしましたが、ウサギは初めてでした。こんな身近なところにもいるのですねぇ。

昨日の泊まりは、網走で最も新しいホテル。最近のビジネスホテルでは、朝食が無料は当たり前。さらにここでは平日のみですが、18時から先着限定30食に限り、夕食の提供までありました。まだあります! 21時半から23時までの間「夜泣きそば」の提供があり、23時から25時の間はカップ麺版夜泣きそばの提供まであるのです。あんまり至れり尽くせりなので、予約がほとんど取れないそう。びっくりでした。夜が明けると、眼下には網走川が雨上がりの朝日を浴びて輝いておりました。
網走川

飛行機の時間までに少しあったので、天都山の上にある道立公園を見てくることに。すると公園内施設である道立民族博物館の前にある立派なプンゲンストウヒが、軒並み頭をちょん切られておりました。なんでこんな無茶な剪定が平気で行われるのでしょうか…
ぶつ切り剪定

道立オホーツク公園は、キャンプ場やパークゴルフの営業は既に終わり、宿根草花壇もきれいに刈り取られておりました。展望台からふと足元を見ると、ここでもニオイヒバの生垣が、強く切り詰められて白骨化してました。こんな無残な姿を晒しているのは、却って逆効果ではないのかなぁ…
生垣の白骨

前日と違って、もやっとして展望はききませんでしたが、右手の斜里岳、左の海別(うなべつ)岳を起点に知床連山がずらりと連なっておりました。
知床半島

冬季間は、4月にセンターハウスに増築整備されたばかりの室内遊戯施設「ころころひろば」がメインの利用施設になります。寒冷地では、室内遊戯施設は不可欠のようで、平日でもかなりの利用率だそうです。
室内公園

これはボーネルンドの製品。エアーの力で跳ね上がるように走れるので、一番の人気になっているそうです。
ボーネルンド

球ころ遊具は幼児には大人気。うちの孫たちもみんな一歳を過ぎたので、そろそろこういうところにデビューできるのでしょうか。
球ころ

飛行機はボンバルディア製のプロペラ機。昔よく乗ったYS11より少しだけ長い程度で、中の感じはそっくりです。日高山脈を越えてから降下を始めてまもなく、強い雨雲に突入し、久しぶりにメチャクチャ揺れました。足を踏んばり、肘掛けをつかんでいないと体が動くほどで、ようやく地面が見えてホッとしました。これは千歳川遊水池の一つである根志越(ねしこし)遊水池のようです。地元の方は、やがて遊水池にタンチョウが引っ越してくることを願っているのですが、うまく定着してくれるでしょうか。
遊水池
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM