別府同期会

  • 2017.11.08 Wednesday
  • 05:59
今回の別府行きは、大学時代の同期の一人が別府にいることから、少しでも震災復興の力になろうと、昨年のうちから決めていました。遠方なので参加人数は少なかったけれど、北海道からは私たち夫婦合わせて4名、京都から1人、地元のY氏夫婦の、計7名の参加でした。人数的にはちょうどよかったかもしれません。昼の地獄蒸しに続き、夜は海鮮の店へ。駅前通から「ソルパセオ銀座」という狭くて古いアーケード街を進んでいくと、暗闇にぽっかりとこの店があります。
いづつ

海鮮では有名な店なので、予約なしではとてもは入れないとのこと。Y氏夫婦は昔からの知り合いなので、すべてお任せにしてありましたが、メニューを見てびっくり。こんなに高いんだぁ!
メニュー

ほどなくお造りが出てきてまたびっくり。関アジに関ブリ、関タイ、関タチウオ、そして大きなトラフグが。これが二皿に、別府名物鶏の唐揚げや野菜の天ぷらも出てきたのです。この時点で既に参りました…でしたが、食べてまたびっくり。さすが元鮮魚店を経営していただけあって、本当に活きがいいのです。
盛り合わせ

おまけにY氏が用意してくれた日本酒がまた美味しくて、箸もお酒もどんどん進んでいきました。
日本酒

さらに出てきたのがハマグリの酒蒸し。大きさはアサリくらいしかないけれど、その味のいいのに一同びっくりして、しばし無言で食べ尽くしてしまいました。
ハマグリ

巨大な関アジはいったい何センチあるんだろうと、ツマを除けてみると中抜けしていて不明。このカマ焼いたら美味しいだろうなぁ…とよだれが出そうでした。関サバは、もう少し寒くならないと出てこないとのこと。
関アジ

最後には、少し残っていた刺身を集めてお茶漬けにしてくれ、これがまた美味しくて、たちまちみんな完食。ネットでは店員が無愛想とか、料理が出てくるのに時間がかかりすぎるとか、かなり評判が悪いようだけど、食べてみる価値は十分にありました。
茶漬け

この通りの出口には、これまた有名なジェラートの店が。開店中はいつもこんな行列ができているんだとか。食べてみてまたびっくりの味。恐るべし、別府の味を堪能した一日となりました。
アイス
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM