松山をうろうろ

  • 2017.11.06 Monday
  • 05:38
別府から松山へは、フェリーで八幡浜に渡り、そこからバスでの移動となります。運行しているのは宇和島運輸となっていますが、現在は宇和島からの航路はなく、八幡浜から大分県の別府と臼杵を結んでいる四国西部の幹線航路です。船室から出られないほどの強風の中の航海でしたが、2,500トンほどの大きさがあるので、全く揺れなくてなにより。灯台のところが日本で一番細長い三崎半島の先端にある佐田(さだ)岬で、ここと対岸の佐賀関との間で獲れる魚が最も旨いとされ、先に大分側が「関サバ、関アジ」でブランド化したため、愛媛側で獲れる魚は同じ魚なのに、安く買いたたかれてしまうのです。
佐田岬

宇和海も瀬戸内海と同様の多島海で、夕日を浴びて幻想的な風景となっておりました。
宇和海

松山にある墓には父と祖父母が眠っており、まず墓参りしてから、生まれ育った町をぶらぶらと散歩しました。すぐ近くにある53番の札所円明寺には、連休ということもあり、たくさんの観光客やお遍路さんが立ち寄っていました。子供の頃は「えんめいじ」と呼んでいたけれど、本当は「えんみょうじ」なんだとか。変だなぁ…
円明寺

門の左にある大エノキや、クスノキなども多くが健在で、奥にある大イチョウは頭を切り詰められていたものの、ますますたくさんの乳を垂らしていました。
大銀杏

バスが来るまでの間、生家の辺りの路地をうろうろ。典型的農村地帯なので、自転車しか通れないような狭い路地が、今でも網の目のようにそのまま残っています。記憶をたどりながら歩いて行くと、昔のまんまの姿がそのまま残っているので、不思議な感覚にひたってしまいました。
農家

バスに乗って町中まで戻り、駅でいつものじゃこ天うどんを。松山のうどんは讃岐のようにコシが強くないので、やっぱり食べやすいです。
じゃこ天うどん

松山市内での移動は、電車も市電もバスもすべて伊予鉄道なので、今回は二日間乗り放題の2Day Pass を使いました。これから乗る空港までのリムジンまで使えるので、二千円で乗り放題というのは本当にお買い得。おまけに伊予鉄高島屋の屋上にある観覧車「くるりん」にも乗れるので、初めて乗ってみました。これだって700円もするのですから。東側に延びる中の川通と、左にあるアーケードの「銀天街」の間には、伊予鉄道の本社があり、屋上には坊ちゃん列車の絵が描かれていました。
湊町

熊本城の痛々しい姿を見てきたばかりなので、台風や地震の被害がほとんどない松山の町は、本当に平和なんだなぁとつくづく思ってしまいます。
松山城

観覧車から降りてくると、ちょうど坊ちゃん列車が待機しており、連休ということもあり、ぎっしり満員のお客さんを乗せて、シュッポシュッポと走り去っていきました。交通関係だけでなくデパートやフェリー会社まで持っている松山の町の最有力企業なので、いろいろな面で町の元気さに貢献してくれているように感じます。
坊ちゃん列車
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM