熊本で墓参

  • 2017.11.03 Friday
  • 05:36
新千歳空港から一気に福岡での直行便。スカイマークのいま得を使うと、日によっては五千円台で行くこともできます。連休前だったので倍以上しましたが、それでもずいぶんと安く行けるようになりました。順調に飛行していたのに、少し先の便が着陸時にバードストライクをやってしまい、滑走路が閉鎖に… おかげで玄界灘上空をぐるぐる回って待機させられ、40分遅れでようやく着陸できました。すぐ沖にある相島(あいのしま)には、ちゃんと学校まであるみたいでした。離島が多いといろいろ大変そう。
相の島

レンタカーを借りて一路熊本へ。気温は24℃もあり、べた付くような暑さだし、あたりの山の多くがモウソウチクに覆われて荒れ放題になり、景色も亜熱帯化しているように感じます。
竹林

最初に行ったのは、笠家が江戸時代に住んでいた小さな村の墓所。40年前に私が探し出した時には,既に集合墓地になっていて墓石がなくなっていましたが、事情を聞きに入った家がなんと笠さんで、親戚ではなかったけれど、代々医者をやっていた先祖のことはよく知っておりました。
寺町

もう一箇所は、熊本と菊池を結ぶ菊池街道沿いにある墓地。ここは祖母が生まれ育った場所で、私のひいじいさん夫婦、その先代夫婦、早世した祖母の兄と長女が眠っています。昨年の地震でかなり被害を受けましたが、従兄夫婦がなんとか元通りにしてくれました。今度はいつお参りにくることができるかなぁ。
江良

連休前の週末、大渋滞の中ようやく熊本駅前のホテルに到着。よく使う○○インですが、ここのはなんと高層ホテルでした。これも新幹線効果なのでしょうか?
ホテル

普通のツインをとっていたのに、空いているから特別室でもいいですよ〜と勧めてくれました。なんと27階の部屋で、普通のツインルームくらいの応接室が付いており、中が広すぎてかえって落ち着かないくらいだけど、眺めは抜群。ものすごい移動距離の一日でしたが、なんとか予定どおりにこなせた一日でした。
夜景

町中にいると、ふと熊本城が見えてきます。まるでギプスをはめているかのようで痛々しい限りですが、一日も早く復興してほしいです。
お城

今日はこれからバスで大分に移動。益城町の横を通り、阿蘇山越えの道を行くので、地震の爪痕が残っていることでしょう。夜は別府で同期会だし、泊まりは古い温泉旅館なので、更新できないかもしれません。m(__)m
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM