滝野公園の作業

  • 2017.10.21 Saturday
  • 06:03
連日バタバタと現場をこなしているうちに、こじらせていた風邪もようやく快方に向かいました。熱が全然出なくて、鼻水と咳がひどかったけれど、シーズン初めに引いたので、今年はもう引かないかな。昨日は滝野公園の作業日。いつもの真駒内裏通りの林は、くすんだような紅葉になっていました。あとで聞いたら、南区は少し雪が積もるくらいの寒さで、一気に葉が落ちてしまったとか。
精進川

昨日は渓流ゾーンでの作業なので、午前中に段取りを済ませることに。レンゲショウマの群生地の真ん中に園路を遠し、園路にかかるレンゲショウマをこもれびの庭に移植するものです。抜き取る数があんまり多くならないよう、何度も手直ししながら慎重にルートを設定をし、縄張りをしておきました。
園路予定地

確かに、近くのヤマモミジの紅葉はかなり濁ったような色になっており、残っている葉も強い霜で縮れていました。もう少し楽しめるかと思ったのに。
紅葉

この頃からしとしとと雨が降り始めたので、移植する予定のカントリーガーデンを確認することに。コキアの紅葉がマスコミ各社から流れたようで、この天気にしてはけっこうお客さんが見えられていました。園路沿いにあるセッコウボク(雪晃木)(Symphoricarpos albus)が真っ白に果実を付けています。昔は植物園にならってヒロハノヨハネウツギと呼んでいたのですが、意味が分からないので、最近はセッコウボクの方を使っています。これとてなじみが薄いので、英名のスノーベリー(snowberry)の方が分かりやすいでしょう。シラタマノキと呼ぶのだけはやめましょうね!
スノーベリー

こもれびの庭ではシオンが寂しく咲いているほかに、「サラシナショウマ」が咲いています。本物のサラシナショウマがこんな時期に咲くはずもなく、ではいったいこれはなに?というままで、まだ正確な名前を突き詰めておりません。本州産のサラシナショウマとも思えないし、何か園芸品種の売り残りを押しつけられたのでしょうか。
ニセショウマ

ガイド室に戻ると、鉢植えのダリアがすべて中に避難していて、たくさんの花を咲かせていました。コキアを見に来た方たちも、暖かい室内に入ってきて、こんな花が咲いているのでけっこう喜んでおりました。閉園日までまだ20日以上あるので、もう少しがんばってもらわないと。
ダリア

午後からいつものメンバーを中心に、作業に集まって来ました。園路予定地にあるレンゲショウマを掘り上げていくと、予定していた大株20株がちょうど確保され、それ以外にこぼれダネから生えたと見られる小さな株も20数株ありました。
掘り取り

小さな株は、この近くに新たな見どころを作ってきたエリアにさっそく植栽。ここもかなり見栄えがよくなってきました。
植え付け

大株は軽トラに乗せてカントリーガーデンに運んでいただき、前々回に植え床を用意していたところに植え込みました。渓流ゾーンからの移植も3年目になり、こちらを目指してくるお客さんが随分増えてきています。来年はきっと喜んでいただけることでしょう。
こもれび
コメント
いつも楽しく勉強させていただいています。
我が家でも先週から咲き始めた園芸種のホワイトパールに似ています。サラシナショウマも植えてますが、比べると約1ヶ月遅れて咲き、花穂が若干短くもっこりしてます。花の少ない晩秋に、日陰の庭を彩ってくれるホトトギスとこのホワイトパールに癒されてます。
  • riko
  • 2017/10/21 1:28 PM
rikoさま

いつもありがとうございます。
確かにこの ‘ビンブラシ’はそれっぽいですね!!
滝野公園では、もうお客さんがいなくなってから咲くので、ちょっとピンぼけ状態ですが、家庭なら積雪ぎりぎりまで楽しめそうです。
これからもよろしくお願いいたします〜
  • こまめ
  • 2017/10/22 7:25 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM