快晴の圃場

  • 2017.10.15 Sunday
  • 05:38
昨日は北大の学生実習。段取りが大変なので早めに行くと、フェンスに絡まっているアメリカヅタが見事に紅葉し始めていました。これは毎年真っ赤になるけれど、今年は赤黒くならず、すっきりとした赤になっているように思います。どこに行っても紅葉がきれいだといわれますが、不順な天気かと思っていたけれど、紅葉にはよかったのでしょうか。
紅葉

隣の放置されている畑に、2mをはるかに越えるキクイモが群生し、ちらほら花が咲き始めていました。学生さんたちにキクイモを見せてやろうと掘り上げてみると、一株に十数個のイモが付いていました。これはジャガイモと同じく塊茎なので、茎が縮まって肥大したものです。大量のイヌリンを含んでいるため、最近では健康食品としてもてはやされ、ネットで見るとキロ千円以上もするので、ジャガイモより高いではありませんか。
キクイモ

メンバーの高齢化により、維持する範囲を少しずつ狭めていくことにしており、一番外側のボーダーにある宿根草を芝生内の宿根ボーダーに移動することにしました。一つずつ名前や謂われを教えていきましたが、どんだけ理解してくれたことやら…(^^;)
掘り取り

先日来除草しながら土改してきた宿根ボーダーに植え込んでいきました。来年には少し見栄えがよくなることでしょう。
植え込み

若くて元気なOBと唯一の男子には、小屋裏にあるカツラの枝下ろしをしてもらうことに。これはもともとここにあるカツラの生垣の一部でしたが、私が学生の頃には既にこの木だけが刈り込まれないで、かなり大きくなっていました。それから40数年経ち、カツラの巨木に成長し、屋根にかかるほど枝が繁ってきたのです。
カツラ

はしごをかけて腕より太い枝を何本も落としてもらうと、かなりすっきりしてきました。
枝下ろし

落とした枝の処理がまた大仕事。ノコの扱いに慣れてきた院生たちに細かく切ってもらいましたが、かなり苦戦していました。そこで花を植え終わった学生や留学生たちに手伝ってもらうと、ノコを使ったことがないものばかりだとか。
枝処理

そこで、半分腐ったような柔らかい丸太で、ノコの使い方を覚えてもらうことに。中国から来たばかりの研究生は、人生初体験の丸太切りに、うーーん大変…と大苦戦。それでもみなさん何とか切れるようになってきました。
丸太切り

今年の圃場整備もあと2回。一年間が本当にあっという間に過ぎていきます。みんなが帰ったあと、しばし圃場を歩きながら、このあとのことをいろんなケースを想定しながら考えてしまいました。
すっきり


※身内に不幸があり、数日間ブログの更新ができません。どうかよろしくお願いいたします。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM