丸山隆展

  • 2017.10.12 Thursday
  • 05:58
宮の森にある本郷新記念札幌彫刻美術館で、7日から「記憶素子 丸山隆と教え子たち」の展示が始まりました。これは行かなくてはなりません。
  丸山隆展

彫刻美術館によく行っていたので、道内作家の作品はよく見ていたけれど、丸山さんの作品が一番好きでした。やさしさと力強さを併せ持つと言えばいいのか、強く惹かれるものを感じていたのです。まだコンサルに転じて間もないころの1990年に、あいの里駅前に大規模マンションの計画が始まり、その外構計画をやることになりました。そのエントランスのシンボルにはやっぱり彫刻を置きたいと、施主であるN不動産に強く働きかけ、設置できたのが『残留応力』という作品です。(スライドが探せないので、こちらからご覧下さい。)

その打合せで何度もあいの里の教育大に通い、研究室でいろんなお話を伺いました。出身が信州安曇野で、なんと碌山美術館の近所だったとか。そういう環境から芸術的な感覚が磨かれていったのでしょうか。この写真の通り、本当に優しいまなざしですが、いつもキラッと光る視線を感じる方でした。
丸山さん

その後、1994年に恵庭市の仕事で、島松の交差点を挟んだ二つの広場の設計をやることになり、現場に何度も通って考え込んだのですが、やっぱりこれは彫刻の出番だと丸山さんに相談に行きました。あんまり高い費用はかけられなかったけれど、それぞれの広場にベンチとしても使えるどっしりとした作品を置くことができました。
おはよう広場

この広場は地元の方から「おはよう広場」と名付けられ、ラジオ体操を始めいろんな活動の場所として大切に使われているそうです。
作品

私は関係しておりませんが、大通高校に植えられているハルニレ第1号のすぐ近くにも、丸山さんの作品『記憶素子「丘」・「森」』が置かれています。
記憶素子

彫刻美術館は、もともと本郷さんのアトリエをベースに作られた施設なので、道路をはさんで記念館と美術館があります。駐車場は狭いけれど、バス停から歩いてもそれほどでもなく、裏山にも散策路が整備されていますので、紅葉見物がてら、ぜひお出かけください。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM