武市さん滝野へ

  • 2017.10.09 Monday
  • 06:00
武市さんは、この時期札幌に出てきたことがなかったので、翌日夕方まで空けてあるとのこと。それならと滝野公園を案内することにしました。裏街道から行くのもなんだからと、支笏湖線から向かおうとしたら、石山陸橋を下りたところで早くも渋滞に。こりゃダメだと引き返し、やっぱり駒岡経由で公園に向かいました。連休の渋滞のことなんか考えもしませんでした…

滝野公園は家族連れで大賑わい。駐車場もかなり満杯になり、ゲート付近も賑わっていました。せっかくなのでガイド室をご案内すると、ガイドさんたちは活動中で不在でしたが、開花マップを見てこりゃ便利だなぁと感心しきり。
開花MAP

夏色花壇の額縁を見て、うちには似合わんけど、面白いことやるんだなぁ… 武市さんは、風景よりは植物のことが気になるらしく、このセンニチコウはいいなぁ、このサルビアはなんていうんだい?と質問攻め。
夏色花壇

下のコスモスをじっくり見て、最近は一年草を全く扱わないから、今流行りの品種は全然分からないけど、こんな珍しい品種が普通に植えられるようになったんだと、感心しきりでした。花の行商からスタートし、苗の通販までやっていたので、花卉全般の知識は本当に幅広く、毎度感心させられます。
コスモス

一緒に行った滝上町のBさんは、観光の担当係長だけに、この時期いかにして観光客を引き付けるかを模索しているとのこと。芝ざくら園やハーブガーデンの魅力づくりにコキアなんかいいんじゃない?っていうと、やってみたいけれどちゃんと栽培できるかなぁと心配するので、こんな簡単なものが栽培できなくてどうするの!!来年は一度作ってみなさい!とけしかけておきました。
コキア

水の広場回りはすっかりカエデ類が色付いているので、二人ともうらやましいなぁ〜 町周辺の紅葉が毎年汚くなり、本当に困っているとのこと。こりゃ林業試験場にでも調べてみる必要がありそうです。
紅葉

パレット花壇のダリアが満開になり、たくさんの方がぐるぐる回りながら花を楽しんでいるのを見て、Bさんはうちでもぜひやってみたいと大乗り気に。技術的なアドバイスをなかなか求める機会がないので、今度はガーデンの担当者を連れてこようと張り切っていました。
パレット

中央口まで下りて、それからずっと峠の庭まで歩いてきたものだから、やれ疲れたとベンチに座ると、いや〜いい眺めだなぁ。テレビでは何度も見ていたけれど、こんなにいいところとは知らなんだ。今日は本当にいいもの見せていただいたと嬉しいお言葉をいただきました。
峠の庭

帰り際にガイド室に寄ったので、明日みなさん出てくるから一筆書いてよ〜とお願いすると、こんな汚い字で申し訳ないけれどと、一言書いていただきました。
書き置き

武市さんの植物との付き合い方、陽殖園という不思議空間の存在している意味など、いろんなことを勉強することができたし、素晴らしい時間を過ごすことができてよかったです。まだまだがんばるといっているけれど、決して無理の効かない体なので、また来年元気で会おうと力強く握手してお別れしました。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM