秋の花と共に

  • 2017.10.01 Sunday
  • 06:02
あらら…という間に9月が終わり、今日から10月になりました。今月も盛りだくさんな予定がぎっしりなので、心してかからなければなりません。昨日は北大の圃場整備。さすがにイチョウ並木の黄葉は始まっておりませんが、なんとなく黄ばんできたようです。圃場に入ると目の前にピンクの固まりが落ちているかのようなイヌサフラン(Colchicum autumnale)。これは昔からあったので、多分原種だと思います。近くにある‘ザ・ジャイアント’の方はもうくたびれてきていました。花としては,シンプルな原種の方がすっきりして見栄えがします。これもユリ科からイヌサフラン科に移りました。
コルチカム

すぐ横の草むらには、秋咲きのクロッカスがすっきりした花をたくさん咲かせています。これは植物園情報から、クロッカス・プルケルス(Crocus pulchellus)としています。今年は開花数が少ないようですが、天候の性なんでしょうか。植物園のバラ園脇では、一面の花畑が見られるけれど、最近この時期に見に行ってないなぁ。
秋咲きクロッカス

一番奥にある花壇では、ひっそりとコハマギクが咲いて来ていました。これは密かにわが研究室のシンボルと思っている植物なので、次回の作業日にもっと目立つところに移植する予定です。
コハマギク

最近は参加してくれる人がほぼ固定し、ちょうど七人の侍になっております。私が若い方から3番目なので、かなり高齢化が進んでいることは間違いありません。最長老は74歳なので、軽めの仕事をと、カツラ生垣の刈り込みをお願いしました。
生垣刈り

元気な二人には、イチイの大刈り込みを。ハシゴや脚立に登る仕事は、体育会系で鍛えているものでなければ危険です。もうすっかり慣れているので、きれいに刈り込んでくれました。
イチイの刈り込み

私は庭木の剪定を。何年かに一度、しっかりと枝透かしをしてやらないと、お互いが競合してワヤクチャになってしまいます。この青枝垂れも、きれいに散髪してあげたので、久しぶりにすっきりした形になりました。
青枝垂れの剪定

圃場整備のボランティアを始めてから、あっという間に10年経ってしまったけれど、私もあと10年くらいはできそうなので、それまではしっかりこの圃場を守っていこうと思っています。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM