初秋のヒルズ

  • 2017.08.31 Thursday
  • 05:47
昨日は十勝ヒルズ。十勝の空気も午前中は少しひんやりしていました。ガーデン前に列植しているフリーマニーカエデのオータムブレイズ(Acer x freemanii 'Jeffersred'、商品名‘Autumn blaze’)のうち、園路際など条件の厳しい場所にある4本が、先月には早くも紅葉が始まっており、お客さんにも人気だったとか。そのうちの1本が、先日の強風で葉をかなり落とされてしまいました。条件が悪いなりに根を張ってくれれば、もう少し樹勢も回復してくれるのではと思います。
オータムブレイズ

ショップの前に植えられているゲラニウム‘ロザンヌ’(Geranium 'Rozanne')の勢いが止まりません。回りの植物にのしかかりながら枝を伸ばし、花を咲かせ続けているのです。花期の長さはゲラニウムの中でもピカイチなのですが、あまりにも成長の勢いが強すぎて、狭い場所にはとても植えられません。
ロザンヌ

ショップ横の、ガーデンに入った所に植えられているコリウスが、真っ赤に燃え上がっていました。最近のコリウスは葉もしっかりしているし、茎もしっかりしていて本当に見応えがあります。お客さんに必ず聞かれるそうですが、来年はもう少し違う品種も混ぜていきたいと思います。
コリウス

スカイミラーのブルーサルビアが、しっかりとグラデーションを作っていました。ただ、手前の紫がびっくりするほど大きくなっているのに、真ん中の薄紫は1/3くらいしかなく、奥の白も半分くらい。条件は同じなのに、なんで紫ばかりがこんなに大きく育ったのでしょうか?
スカイミラー

現在小笠原付近に停滞している台風15号が、3日くらいに近づいてくるという予報なので、昨年のように無残に吹き倒されないよう、手当をしておくことに。幸いバラの冬囲い用に、たくさんの短い竹があるので、株の中に斜めに挿していきました。これで少しくらいの風であれば、なんとか持ちこたえてくれるでしょう。
暴風対策

夏から秋の見どころであるノリウツギが、あちこちで花をもりもり咲かせています。大半が‘ライムライト’のようで、一部少しピンクになるものが混じっています。寒さの厳しい十勝では、この時期こんな見事な花を提供してくれるノリウツギは本当に貴重です。まもなくハギも咲いてくるので、長い十勝の秋もバッチリ楽しむことが出来るでしょう。
ノリウツギ

せっかくなので小ブタちゃんを見に行くと、ちょうど食事時間前だったらしく、お腹をすかせた子ブタたちが一斉に集まって来ました。食事は一日一回なので、お腹もぺこぺこなのでしょう。あたりのグラス類を丸めて入れてやると、押し合いへし合い食べておりました。今は本当にかわいいのですがねぇ…(^_^;)
小ブタちゃん

ポタジェに植えられているエスパリエ仕立てのリンゴに、何種類か初めて実が成りました。いままでほったらかしになっていたものを、今年3月に初めて本格的な剪定をやったものです。結果は来年かと思ったら、1年目からたくさん成ってくれて、来園者にも人気だそう。この実の形だと‘旭’のような気がするので、来月が楽しみです〜
リンゴ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM