Hana Letter 30号!

  • 2017.08.16 Wednesday
  • 05:58
藤川さんから送られてくる Hana Letter Magazine がいよいよ30号に。第1号は2012年4月16日発行で、「上川町に新しいガーデンができます。」なんて記事があるので、もうそんなに経ったんだぁ〜と、感慨にふけってしまいました。この頃は毎月発行していたのですね。
ハナレター1号

そして今回の30号。絵のタッチは、変わっていないようで、より特徴が強く表現されているように思います。この5年間に、一体どれだけの絵を描いてきたことでしょうね。藤川さんの絵の特徴は、なんといっても独自の視点からの観察眼にあるのでしょう。私のようになまじ植物をかじってしまうと、もう絶対に植物の見方をフレキシブルに変えることなんかできません。
ハナレター-1
それにしても本当に「売れっ子作家」になったのですね。この秋も全国を飛び歩く日々が続きます。滝野公園では、9月16日〜18日の三連休に、展示とイラスト教室が予定されています。ちょうどコスモスが見頃を迎えているので、好天に恵まれれば最高に賑わうことでしょう。夏の宿題がまだ一枚も描けていないみたいですが、北海道は来週初めには始業式ですからね〜(笑)
ハナレター-2

お盆なので、午後から早めに仕事を切り上げて、親父の遺骨を分骨している東本願寺の御廟に墓参り。そのあと町中まで出かけて、鎌田さんの個展を見てきました。葉書に使っていた阿波踊りがどんなサイズなのか興味津々でしたが、なんと百号を超える大作でした。背景の黒も鉛筆で塗りつぶしているとのこと、想像を絶する作業の積み重ねです。これが約一ヶ月かかったのに対し、左の絵はもっとかかったとのこと。佐渡にあるスギの大木の根元の様子で、いずれも取材に行って、自分で撮影した来たものをベースに描いたとのことでした。
鎌田芳治展

使用する鉛筆は、いろいろ試して結局ユニの2Bに落ち着いたそう。それをナイフで削り、紙で丸めて描いていくという作業の積み重ねでここまで表現出来るものなんですねぇ。大作が三点と、これまで描き溜めてきた小品がずらりと展示されています。20日までやっていますので、町中にお出かけのおりにはぜひ覗いてみてください。
阿波踊
コメント
笠さん、ご無沙汰しております。
今日、たまたま全然別なことを検索してたら「青柳庵日記」にたどり着き、鎌田さんの個展のことを知りました。
早速、観に行って30年振りくらいに鎌田さんにも会い、話しも出来ました。
そして、作品の表現力には圧倒されました。
ありがとうございました。
  • 朝日紀行
  • 2017/08/16 7:44 PM
朝日さま
ごぶさたです。
個展の帰り道、かみさんが、朝日さん元気でやってるかしら?最近個展の案内がないねぇ…と言ってたばかりです。
またやる時には連絡下さいね〜
  • こまめ
  • 2017/08/17 7:06 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM