夕暮れの紫竹ガーデン

  • 2017.08.13 Sunday
  • 06:10
ヒルズで結構粘ったので、夜までにあと一つ大事なところに行かなきゃと、紫竹ガーデンに車をすっ飛ばしました。霧雨が降っているし、足元が悪いだろうと長靴を履いて園内に入ろうとしたら、なんと紫竹さんが車を洗っていました。何もこんな天気の悪い日に…と言ったら、気になる汚れがあると、すぐにやらなきゃ気がすまない性分なのよねぇと店内に拉致されてしまいました。
洗車中

よく来て下さったと、ハーブティーを入れていただき、いろんな話に盛り上がりました。平成元年62歳の時にガーデン造りを始めたので、あっという間に29年も経っちゃったのよ〜とあっさりおっしゃいました。ガーデンの真ん中にある白樺5本以外は、すべてそれから植えたものだというので、29年の重みはやはりすごいです。
ハーブティー

すっかり話が盛り上がってしまいましたが、暗くなる前にガーデン見てきますとお断りして、ようやくガーデンへ。目の前の広場には、今年作ったばかりというレイズドベッドのミニチュアガーデンが、三つも置かれていました。ここは特に外国人観光客に根強い人気があるので、その方達に特に人気が高いそう。10ヶ国の挨拶とその国の歌を覚えていて、いつも帰りの時に挨拶しているとのこと。紫竹さんのもてなしの心は、本当に素晴らしいです〜♪
ミニチュアガーデン

あちこちにオリエンタルリリーが咲いていましたが、中にヤマユリも植えられており、最近これに人気が出ているのでしょうか。
ヤマユリ

宿根ボーダーは夏花が絶好調で、これにダリアの花が加わればさらに賑やかになることでしょう。これだけ圧倒的な植栽があると、誰だって満足させてくれる力があります。
宿根ボーダー

この花壇の一番奥に、見晴のきく小さな丘があるのに初めて気がつきました。そこから見晴らしてみると、細かい雑草なんて気にならなくて、とてもいい感じに見えるのです。こういう場所も必要なんですねぇ。その脇に2mくらいのサンショウバラを見つけました。花の咲いた形跡がないのであとで聞いてみたら、こんなものに気付いてくれたのは先生が初めてだわ。植えて10年一度も咲かなかったので、もう切るからねと脅したら、翌年素晴らしい花が咲いたのよ。ところがその後2年また咲かなくなったのはどうして?と聞かれてしまいました。そんなこともあるのですねぇ。脅しは二度目は効かないだろうし…(^^;)
見晴台

バラとクレマチスの花壇の脇に、ずらりとノリウツギ(多分ライムライト)が植えられていました。こんなにたくさんあったのですねえ。ここもやっぱり花木類の剪定を全然やっていないので、枝がぼうぼうに…ちょっともったいないです。
ライムライト

アイスの小屋の前にギョリュウがあるのに気づきました。十勝では二回しか咲かないそうですが、ここには本当にいろんなものが隠れているものです。来年はいよいよ30周年。盛大にお祝いしなくては。いつまでもお元気でいて下さいね。たくさんの楽しいお話ありがとうございました〜
ギョリュウ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM