お盆前の作業

  • 2017.08.11 Friday
  • 05:49
世の中もうお盆モードに入っているのでしょうか。山の日なんて、ピンと来ない祭日が増えたけれど、こんなに祭日だらけの国なんて他にあるんだろうか?
昨日は星置緑地の作業日。夜半の雨もすっかり上がり、ここの作業日はいつも調子がいいのです。入り口に咲いているタチギボウシの花がもう終わりに近づいており、植物園の方が遅いんだ?と、ちょっとびっくり。産地間の差が出るのかもしれません。
タチギボウシ

ゴミ拾いしながら緑地内を一回りすると、相変わらずビールの空き缶や焼酎のカップなどが散乱。いったいどんな奴がこういうことをするのでしょうねぇ。ツノハシバミの果実がだんだんトックリ状に膨らんできました。もっと日当たりがよければたくさん成ってくれるのに、毎年一ケタくらいしか稔ってくれません。
ツノハシバミ

ポンプでの給水を止めたため、緑地内はすっかり土が見えてきましたが、そこから無数の芽が伸びてきているのにびっくり。今までこんなにたくさんの芽生えがあったことはなく、一体何が起きたのでしょうか?こんなにタネを振りまいた犯人はヤチダモしかあり得ず、全部が木になることはないとしても、先行きが案じられます。
ヤチダモ?

みなさんが集まってくるのを待っている間、ノラニンジンの花を見ていると、黒い花が三つと、血が飛び散ったような花がいくつもありました。先日、7つもあったとコメントを頂きましたが、アン王女はそそっかしい方だったのでしょうか…(^^;)
ノラニンジン

同じセリ科でも、ドクゼリの花は花序が小さく丸まり、かなり雰囲気が違います。ノラニンジンの花が風に揺らめいている姿は、それなりに風情があるけれど、図体のでかいドクゼリにはそんな風情は微塵も感じませんねぇ。
ドクゼリ

さすがにお盆前のこの時期は、例年参加者は一ケタになってしまいます。それでもバスでやってくる方が二人もいて、いつも通りの作業をすることができました。この時期に視界を遮る大型のアシを刈りとり、スゲ群落に移行させてきましたが、もう少し残っているところがあるので、そこを刈り取りました。
アシの高刈り

毎度参加されるKさんが、今日は他に用事があるので作業はできないけれど、出かける途中に顔を出してくれました。少しだけでも手伝えるよ〜と言ってくれたので、最後の草の掃除をお願いしました。充電式のブロワーの威力は抜群で、これなら私でもできるわ〜と、あっという間に掃除も完了。本当にいつもありがとうございます。m(__)m
ブロワー
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM