花卉圃場

  • 2017.07.31 Monday
  • 06:00
農場を横切る形で北野通が出来たので、ポプラ並木は真ん中から二つに分かれてしまいました。花卉(かき)圃場は北側にあるので、ポプラ並木の北半分をどんどん下っていくと、もう花が終わっている花菖蒲園を通り抜け、今がちょうど真っ盛りのヘメロカリス園に着きました。百種近くある中からは、滝野公園や道南四季の杜公園には30種くらいずつ導入されています。
ヘメロカリス類

花の中にブロッチが入っている品種は、昔は小輪のものばかりだったけれど、最近アメリカから入れたものはかなり大輪で、フリンジ付きの洒落たものがありました。こんなに豪華でも、たった一日でしぼんでしまうのですから、本当にもったいないです。
フリンジ1 フリンジ2

手の平くらいのものを大輪と呼んでいましたが、こうなると巨大輪と呼ばなければなりません。右の品種は草高も高いので、遠目からも存在感を放っていました。
パンクラチウム 巨大輪

仕切りの樹林の足元には、一体何品種あるのか見当もつかないほどのギボウシ類が。残念ながら札落ちになっているので、どこか植えつぶしを速攻で行いたい場合にはいいかもしれません。
ホスタ

ラウネナイ川を渡り、花卉圃場の最北端の広場では、今年で4回目の「フィールドトライアル2017」が行われています。これは国内の種苗会社がお奨めの品種を持ち寄り、同時に植え込んで品種の特製を実際に見ていただくものです。1平米に5〜9株を植え込み、霜の降りるまで一切灌水もせずに放置して、その生育ぶりを確認することができます。
フィールドトライアル

まだ植えられてから半月ほどですが、その生育にははっきりと差が付いてきており、これだけたくさんの品種の中では‘さくらさくら’が圧倒的な生育ぶりを誇っていました。
さくらさくら

この「サンちゅらか」は、こんな暑い時期に平気で株を繁らせているけれど、スベリヒユと一体どこが違うんだろう?と、悩んでしまいそうでした。みなさん違いが分かりますか?
サンちゅらか
 (右半分の、茎が赤みを帯びているのがスベリヒユです。)
秋までこのフィールドは無料で開放されていますので、違いを確認したい方は是非様子を見に行って下さい。北野通の途中、ポプラ並木のところに押しボタン信号があるので、そこから入って行けます。

歩き始めてちょうど3時間。さすがにのどがカラカラになってきたところで、「ツキサップじんぎすかんクラブ」に到着。夜は満席で予約できなかったたので、昼下がりのビールでのどを潤し、生マトンをじっくり焼き上げる元祖ジンギスカンを味わいました。みなさんもお疲れさまでした。
ジンギスカン
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM