前期終了

  • 2017.07.23 Sunday
  • 05:55
昨日は北大の圃場整備と学生実習。予報通り雨は明け方には上がり、少しずつ日が差し始めました。たっぷり水分を含んでいるだけに、むわっとものすごい湿気が立ち上ります。圃場に入ったところに植えているのは、わが研究室が世界に誇るユリの‘ロートホルン’。一度絶えかけて、あわてて床替えして植え直したところ、ようやく元の元気な姿になりました。市場にはほとんど出回らないので、絶やす訳にはいかないのです。
ロートホルン

みんなが出てくるまでに、いろいろとやっておかなければならないことがあるので、汗だくになりながら作業をしていると、何か見られているような視線を感じてハッと振り返ったら、キツネがちょこんと座ってこちらを見ていました。学内にかなり棲息しているため、エキノコックス注意報が出ているけれど、駆除する訳ではないので結構うろちょろしているようです。
キツネ

先月刈り込んでもらった生垣が、もうかなりつんつん伸びているので、見苦しくない程度に軽く刈り込んでもらいました。今年は雨が多いので、こんなに伸びたのは初めてでしょう。
生垣刈り

ランブラーの‘ドロシー・パーキンス’が終わってきたので、剪定と新しいツルの誘引をやってもらいました。鋭い棘に苦戦しながらも、わいわい盛り上がりながらやってくれました。
バラの剪定

現在唯一の男子学生であるS君には、OBのFさんと共にキタコブシの枝の切り戻しを。あんまり枝が伸びて隣の圃場に被さるものだから、雪解け後にそちらの職員がテキトーに切っていました。枝が裂けたまんまだし、切り残しもひどいので、きれいにカットしてもらいました。
コブシの剪定

今回の学生実習が前期最終日になるので、終了後に恒例のジンギスカンを。そういえば、昨年は網走出張のため参加できませんでしたねぇ。涼しい木陰で、七輪囲んでのジンギスカンはやっぱり最高です。
ジンギスカン

デザートには巨大マシュマロが。最近はこんなのが流行っているんだぁ。一つ食べただけで十分満足な大きさでした。
マシュマロ

今年は参加するOBの数も少なく、学生さんにも男子が一人しかいないので、なかなか力仕事まで手が回りませんが、日常の管理はなんとかみなさんの力で維持することができました。本当にお疲れ様でした〜
圃場
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM