涼しい十勝

  • 2017.07.20 Thursday
  • 05:59
先週37.1℃を記録した帯広でしたが、列車を降りると肌寒いくらい。こんなに気温差が激しいと、かえって体調を崩しそうです。ヒルズの駐車場には、道内各地のナンバーをつけた車がたくさん止まってました。ガーデン入り口のショップ入り口の花壇は、軸になるカラーリーフの低木がかなり大きくなり、安心して見られるようになりました。
ショップ前

アプローチに列植したフリーマニーカエデは、本来緑色の葉を広げているはずなのに、入り口前の2本が真っ赤に紅葉しています。これだけは、もともと舗装の中に植えなければならなかったために、植えますをかなり大きく作り、その上を枕木で塞いでおいたものです。十分なくらい根の伸びるスペースを取ったつもりでしたが、まだ足りなかったのかなぁ。ただ樹が弱っている様子はないので、なんとか紅葉したまま秋までがんばってほしいです。
紅葉

ガーデンの入り口に当たるショップ横の花壇では、黄色のリシマキア、赤いコリウス、紫のアゲラタム、緑のホスタなどがモザイク状に植えられています。もともと雑草の多い花壇だったので、油断するとボウボウ伸びてくるので、もっと密な生育をするものをセレクトしなければならないようです。
ショップ横花壇

レストラン前のスカイミラーでは、あの暑さで春から咲いていたパンジーがへたってしまったため、夏から秋のブルーサルビアへの移行がうまくいきませんでした。ちょっと寂しい風景でしたが、つぼみがどんどん上がってきているので、まもなく賑やかになることでしょう。
スカイミラー

アルフレスコの芝生も、先週のイベントや猛暑と雨不足のため、すっかり生気がなくなっておりましたが、ようやくしっかりした雨が降り、気温も下がってきたので、回復を期待したいです。ボーダーの花が次々咲いてくるので、のんびりと散策している方がたくさんおり、このガーデンならではのゆったりした時間が流れています。
あるふレスコ

バラ園入り口には、大きなスモークツリーの並木があります。あんまり樹形が崩れていたので、半分近くに切り詰め剪定を行ったために、再萌芽した枝がボウボウに伸びていました。徒長枝を軽く詰めておとなしくなれよ〜とまじないをかけ続けたので、ようやく伸びが落ち着き、来年にはたくさんの花を着けてくれそうです。手前に黄金葉のノルウェーカエデ‘プリンストンゴールド’を植えておいたので、格好のランドマークになってくれることでしょう。
スモークツリー

トンボ池は、周回園路をさらに歩きやすく改良したので、安心して楽しめる人気スポットに。対岸から見ていると、車椅子でやってきた老健施設のご老人達が、なんと斜面をそろりそろりと車椅子で下ろしてもらい、池の縁のチップ園路に並んでいました。車椅子の扱いに慣れている職員さん達だからいいけれど、あんまり無茶をしないでほしいです。でも間近にスイレンを見ることができたので、みなさん大喜びのご様子でした。
トンボ池

池の真ん中には、道内では珍しい水草のアサザが咲いているのですが、この池は人工の池なので観賞用に持ち込まれたものだと考えていました。ところがかなり離れた町内の河跡湖にアサザの自生があることが分かり(道内には旭川市近文と幕別町の2箇所での記録がある)、ひょっとして渡り鳥にくっついて持ち込まれたものなのか?という推理もあり得るのかと悩んでいます。幕別町の報告書にも「北海道でわざわざアサザを入れることは考えにくく・・・」との記載があり、十勝正直村のオーナーが、こんなものに興味があったのかなぁ…(^^;) 池の縁に一株咲いていたので、初めて間近にこの花を見ることができました。
アサザ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM