中島公園の探訪

  • 2017.07.08 Saturday
  • 05:48
なぜか連続して公園の探訪ツアーが。昨日は北海道立文学館主催の「公園の達人と巡る中島公園33の宝物」でした。文学館に向かう時には、車の温度計が35℃を指していて、棄権する人続出じゃないかな…と心配していたけれど、ほぼ予定どおりの方が集まっておられました。文学館から時計回りに一周するコースとしましたが、みなさんの疲労の具合と時間を見て、短縮するかを判断することに。
ガイドコース

予報では13時の32℃がピークで、少しずつ下がってくることになっており、14時スタートにしてよかったです。まずは室内で簡単に資料の説明と、中島公園が創生期の札幌でどのような位置づけになっていたのか、簡単にお話ししました。
オリエンテーション

とにかく日陰を歩かなきゃと、豊水通沿いに列植してあるイチョウの木陰を歩いていると、そのうちの一本から、まだそんな大木でもないのに「乳」が伸び始めているのを見つけました。これは気根とのことですが、かなりの大木にならないと垂れてこないので、かなり早熟なのかもしれません〜(笑)
イチョウの乳

とにかく木陰を歩き、舗装は避けてできるだけ芝生の上を歩いて行くと、なんとかしのげる暑さでした。私より詳しい方もいるので、助けてもらいながらほぼ予定どおりのコースを時間内に回ることができました。文学館の館長以下スタッフの方達も一緒に回りましたが、せっかく公園内にあるのに、あまり詳しいことを知らなかったのでよかったですといわれ、ホッとしました。いくら解説本や資料を読んでも、現地と対照して確認していくと、理解度が全然違うので、このようなガイドは必要なのでしょう。でも2時間しゃべりっぱなしは、さすがにきつかったですぅ〜(>_<)
ガイド風景

今日は午後から美幌に移動。日曜はフラワーマスターの講習会です。宿にネット環境がなさそうで、更新できないかもしれません。その節はよろしくです〜(ちゃんと言っておかないと、また入院騒ぎになりかねないので…(^^;))
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM