たまには庭仕事

  • 2017.06.20 Tuesday
  • 05:51
ここ数年、ほとんど土日もなく働き続けているけれど、その原因は仕事が増えたというより、処理能力の低下ではないかと… 気分が乗るとどんどんはかどる反面、仕事に緻密さがなくなってきたように感じます。そろそろ老化と正面切って向き合わなくてはいけないのでしょうか。

日曜は少し早く帰って、久しぶりに庭仕事に精を出しました。あれこれ植え替えをしなければならないものが溜まっていたのです。その一つがハルニレの植え替え。何かの時に持って歩けるようにと、一本だけ鉢植えにして手元に置いておきました。ちょうど一年前、NHKの生中継の時には、早速活躍してくれたのです。鉢が小さいので、一回り大きくしてあげなくてはと思いながら芽が動いてしまったけれど、底に根が回っていただけだったので、無事に植え替えができました。樹高約1mなので、これはこれ以上大きくしないでおこうと思います。
  ハルニレ

完全な「紺屋の白袴」状態だけど、少しは家の前に花でも飾らないとと、あわてて少し花苗を買ってきました。チューリップの入っていた鉢をひっくり返し、鉢底にはススキを敷き詰めます。これは兵庫県の藤岡作太郎先生が提唱している方法で、雪融け時にススキの枯れた茎を集めておき、5cmほどに切ったものを敷き詰めて土を入れるのです。すると通気性が極めてよくなるし、一年後にはこの土をススキごと堆積すると、堆肥化して土も再生できるという優れもの。是非やってみて下さい。
ススキ

事務所においてあるスパティフィルムが二鉢とも満開になっています。冬には室内に取り込んで、ギリギリの温度で管理していますが、暖かくなるとこの出窓に出してやります。北向きなので日焼けもせず、水をやるだけでほったらかしなのに、本当に丈夫な植物です。
スパティ

この株は30年以上植え継がれているもので、前の会社に入った時に家から持っていき、3〜4年おきに植え替えるだけですが、毎年たくさん花を咲かせ続けています。背の高い普通タイプと、ミニタイプの二つが、いつも同時に花を咲かせるというのも不思議なもの。これらも花が終わったら、株分けして植え替えてやらないといけません。こんな作業も私の息抜きになっているのです〜
満開
コメント
毎年、タカノハススキの処分に困っていました。鉢底に入れてカビないのでしょうか?
  • ホミ
  • 2017/09/23 10:38 PM
ホミさま

コメントありがとうございます。
カビというと何かマイナスイメージがありますが、菌類といえば何か役に立つような気がします。
この画像にあるように、真っ白な菌糸が張り巡らされて順調に分解が進み、来年にはたくさんの腐植質に変わります。
プランターに使うのは茎の部分だけですが、葉も細かく刻んでコンポストに入れておけば、野菜くずなんかよりはるかにいい堆肥になりますよ〜
  • こまめ
  • 2017/09/25 7:15 AM
ありがとうございます。北海道新聞(ガ―デニングの四季)を拝見して、お名前を記憶しておりました。
お忙しい中、お返事ありがとうございました。
  • ホミ
  • 2017/10/03 6:31 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM