ハルニレの苗木

  • 2017.06.19 Monday
  • 05:53
土曜日午後は、札幌ハルニレプロジェクトの年次総会。参加人数は少なかったけれど、充実した打合せになりました。もともと国際芸術祭2014がきっかけになって始まった活動ですが、今回の芸術祭は完全にスルー。共鳴するテーマが見つからないのです。それよりも、今までの活動の延長として、タネを播いて作ってきた「血統書付き」のハルニレの苗木を、どこかに植えなくちゃなりません。メンバーのMさんが、金曜に苗木の様子を見てきてくれました。
苗木

1m前後の大苗が40本あるので、今年中に1.5〜2.0mくらいになりそうです。あんまり大きくなってしまうと、今度はお守りも大変だし、どこかに植えようと思っても運べなくなるので、来年くらいまでに片付けたいのです。

そこで、来年が開道150年に当たることから、その記念にこのハルニレを売り込もうと考えています。150年前の札幌の中心部の様子は、島義勇の部下であった高見澤権之丞が詳細な絵図を残してくれました。直線的な大友堀と蛇行している胆振川との関係から、ハルニレはこの位置(緑の丸)にあったものと考えられます。にじんだ文字には水車とあります。
高見沢図
 (「高見澤権之丞の旧札幌図」明治3年 日本の古地図15『札幌』、講談社、1977より)

もう一枚、方位が逆になりますが、施設配置を描いた見取り図があり、御本陣の脇に水車がありました。したがって、このハルニレの下に水車が置かれていたことが分かります。『札幌區史』(M43)をめくると、「先ず今の創成河畔豊平館の裏手に当たる北一条西1丁目の地を相し、元村大友亀太郎の役宅を移し、一官邸の建築に着手せり。」とあるので、これが御本陣であることが分かります。引き続き「今の豊平館敷地内に当たる所に、使掌長屋五戸続二棟の建築に着手し、続いて同所に米蔵及諸品庫の二棟を築き、(以下略)」とあるので、まさにこのハルニレは本陣の目印としてここに屹立し、島やその部下達が雪の中で拠点造りに励んでいた姿を見守っていたわけです。
見取り図
 (「高見澤権之丞見取図」 明治3年 日本の古地図15『札幌』、講談社、1977より)

後にここに豊平館が建てられた時、御雇い外国人のルイス・ベーマーがその前庭を造成しました。その際には、この胆振川をせき止めてここにゆったりした池を造り、その水を創成川に直結したものです。ここの昔の写真をネットで探していて、なんとカラーの絵葉書があったので慌てて注文して手に入れたのがこの画像。同じ画角のモノクロのものには大正時代とあったりして、そんな昔にはカラー写真はないだろうし、着色にしては精巧すぎるし、これがいつ撮されたものかは不明です。ともあれ、大きく枝を伸ばすハルニレと、なだらかに池に傾斜する芝生の様子がよく分かる、大変貴重なものとなっています。
豊平館

そんな由緒正しきハルニレからタネを取り、みんなの力で苗木を育てたものですから、立派な血統書を作ってこの苗木を売り込みたいと考えているのです。ご家庭の記念樹にするにはあまりにも場所をとるので、公共的な空間やビルなどの新築に合わせて植えてもらえば、札幌らしい記念樹になると思うのですけれど。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM