もみじ台

  • 2017.06.17 Saturday
  • 05:39
厚別区の土木センターから、ミズバショウの生えている公園があるのだけれど、生育がよくないので一度見てほしいとの話がありました。場所はもみじ台の真ん中にある熊の沢公園。多分30数年前の植木屋時代、この近くで庭を造った時以来の訪問のような気がします。
熊ノ沢公園

団地の真ん中に一山残されているので、そこからしみ出る水があちこちの沢を潤しています。かなりミズバショウの葉が見えているのですが、それを覆い尽くすようにアシやガマ、そして問題のクサヨシがわんさか生えていて、湿地を一面覆い尽くしています。
日向のミズバショウ

ヤチダモやハンノキは点在する程度なので、生育地にはかなりの日照が当たります。山際の日陰になると、ガマやクサヨシなどはあんまり生えておらず、スゲ群落になってミズバショウと共生できているようです。やはりここでもクサヨシが問題のようでした。
日陰のミズバショウ

幹線園路をくぐって水を引き、湿性植物園のようなものが作られていたところには、割と丈夫なヒオウギアヤメとキショウブの花が咲いておりました。よく見ると、すぐ脇は一面のクサヨシとオオアワダチソウで埋め尽くされており、キショウブはもはや退場してもらう草種なので、あれこれ問題が多そうです。星置緑地のように、全体が日陰であればまだやりようもあるのですが、こんなに日当たりがよくてクサヨシがはびこってしまうと、一筋縄ではいかないような気がしました。
湿性植物園

せっかくもみじ台まで行ったので、帰りに白石駅の花壇を見てきました。今月は日程が合わず、作業指導に行けないのです。南口の花壇は、この時期いつも乾いて水やりが大変なのですが、今年はたっぷり雨が降ったことや、土壌改良材(テンポロン)の効果がめきめきと出てきて、これまでになく旺盛な生育ぶりをしていました。
南口花壇

ちょうど‘カクテル’が満開。ようやくツルが胸の高さくらいまで伸びてきており、これも土改効果が出てきたようです。
カクテル

北口に回ってみると、こちらは相変わらずの盛り盛り状態。隣のコロニーに覆い被さるものが続出しているので、メールで情報を流しておかなければならないようです。
北口花壇

枝が暴れて困っていたスモークツリーが、ようやく落ち着きを見せ、花もたくさん着いてきていました。これでもう見苦しくなくなるでしょう。
スモークツリー
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM