ピーカンの十勝

  • 2017.06.15 Thursday
  • 05:53
昨日の十勝もピーカンに晴れていました。ヒルズに着くと、入り口に植えられているフリーマニーカエデの葉が、ちょっと赤みを帯びてすっかり出揃っていました。あと2〜3年して、この木が木陰を提供できるようになれば、ようやく完成形に近づきます。
入り口
ショップ前ボーダーは、春から夏への模様替え中。パンジーを抜いたあとにコリウスやアゲラタムなどの苗が植えられていたので、来月にはくっきりとした模様が浮き上がりそうです。
ショップ前

スカイミラーのパンジーは、今年の雨の多い天気のおかげで、まだしっかりと持ちこたえていました。4列分ある花壇の2列4列が空いており、その間に来週からブルーサルビアが植えられていきます。ピンチされた苗がしっかりと根を張り、花茎が上がってくるまでは、パンジーにがんばってもらわなければならないので、もう少し今のような天気が続いてほしいものです。
スカイミラー

バラのつぼみも順調に上がっており、花びらがのぞいているつぼみもあるので、あと半月もすればいよいよバラの季節の到来です。トンボ池に降りると、数え切れないほどのトンボが乱舞し、お目当てのルリイトトンボが盛んに交尾していました。スイレンやアサザも満開なので、一番気持ちのいい空間となっています。
スイレン

午後からはガーデナーのみなさんと、普段の管理で追いついていないところをつぶしていくことに。日々の仕事に追われていると、どうしても手が回らないところが出てしまうけれど、ガーデンでそれでは困る!というものも出てきます。これから見頃を迎えるバラ園を中心に、枯れ枝や雑草など、見映えの悪いところに手を入れていきました。
作業

アニーカからトンボ池の奥まで一回りして一段落。最後にビッグファームの子ブタちゃんを見てきました。するとまだ一ヶ月なのに既に離乳し、子ブタたちだけで走り回っておりました。秋には親ブタ近くまで大きくなるというのにびっくり。ついうちの孫達と比べてしまいました…(^^;)
子豚

木陰を選びながら、ゆっくりとアルフレスコを歩いて行くと、犬を連れた二人連れがのんびりと園内を散策していました。ここの芝生のある風景は、道内のどこのガーデンにもない伸びやかさを持っていると思います。ここが既存木を全くいじらず、ダンプ何十台も土を入れて作り直された場所だなんて、想像もつかないでしょう。
アルフレスコ

やがてスカイミラー脇の木陰に座り、そこでまたしばしくつろいでいました。そう、これなんだよ!こうやってゆったりとした時間を楽しめる空間なんだ!と、改めて実感した一時でした。
ベンチ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM