東京ミッドタウン

  • 2017.05.25 Thursday
  • 06:00
森ビルが開発した六本木ヒルズに対して、三井不動産が開発した東京ミッドタウンは、敷地内に緑地をかなり確保しているのが特徴の一つ。なのでどうしても見ておきたかったのです。真ん中に立っているビルは、東京一の高さをほこり、リッツカールトンのホテルが入っていました。その玄関回りはセオリー通りの植え込みになっており、向こうにはまた巨大なタワーが建設中でした。
ホテル前

一部は区立公園となっており、どんだけ植え込んだんだぁ…とあきれるほどの、低木の植えつぶし・刈り込み仕立てばかり。こちらに来るとこんな植栽ばかりなので、苗木屋さんも手入れする植木屋さんも、さぞや儲かるだろうなぁと感心します。そんな単調な植栽ばかりなので、珍しく自然形で花を咲かせているウツギを見ると、少しだけホッとします。
ウツギ

日本庭園もそれらしく造られているだけで、斬新さは全くありませんでした。ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)がのんびり日向ぼっこしている向こうには、なんとキショウブが植えられているのにびっくり。今どきこんなもの植えたり、ほったらかしにしていいのかい?!
檜町公園

公園と地続きになっているミッドタウンガーデンでは、開業10周年を記念したモニュメント『江戸富士』が出現していました。江戸富士というより赤富士ですが。雪の部分は細引きで止めてあるけれど、エアプランツでも置いているのかな?プラントハンターの西畑清順さんの作品で、街路樹の剪定枝を堆肥化したものでできているとか。これも28日までなのでラッキーでした。
富士山

ここの開発ではとことんデザインにこだわっており、そのシンボルが「21_21 DESIGN SIGHT」。三宅一生さんなど3名のデザイナーが監修して、いろんなイベントが行われています。開場が10時だったので中を見ることはできませんでしたが、安藤忠雄設計の超ユニークなデザインです。
21_21

そこの前に列植されているのは、枝が広がらずにホウキ立ちになるケヤキの‘むさしの1号’です。最近街路樹としてよく植えられているけれど、どうしても違和感を感じてしまいます。
むさしの1号

クリスマスツリー用に植えられているのはプンゲンストウヒの‘コスター’あたりか。こんな所で出会うと懐かしくなってしまいます。ふと足元の芝生を見ると、なんとケンタッキーブルーグラスでした。日本芝だと冬枯れして年末には真っ黄色になってしまうので、ここのガーデンの芝生は西洋芝となっています。芝刈りの頻度がメチャ多いので、管理は大変でしょうが、「内地」では芝生には入らないのが普通なので、踏圧に弱い洋芝には向いているのかもしれません。
プンゲンストウヒ

ドワーフコニファーのグラウンドカバーなんか見ていると、真鍋庭園にいるように感じます。さすがオールジャパンで活動されている真鍋さん、いろんな所で使っているのですね。
コニファー類
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM