カルチャートーク

  • 2017.05.11 Thursday
  • 06:01
昨日は資料館でカルチャートークがありました。せっかくなので12丁目を見ておこうと東側から入ると、そんなに花も咲いていないのに外国人観光客が姉妹都市のサインを見たりしていました。少しは知られてきているのかな?ちょうどマグノリアが散り始めくらいだけど、樹形が崩れてしまってちょっと残念。せっかくのシンボル樹木だけに、もう少し丁寧に扱ってほしいです。
瀋陽コーナー

よく「シモクレン」と紹介されることもあるけれど、あえて和名で呼べば「サラサモクレン」になります。面倒なので、マグノリアとしておくのが一番楽だと思いますが。
マグノリア

この時期の楽しみは、南側にずらりと植栽されているカスミザクラ。既にエゾヤマザクラは葉桜になっているので、この時期だけ明確に区別することができるのです。なんでここにこれだけ集まったのでしょうか。全くの偶然としても、本当に不思議です。
桜

その中にずいぶんと色の濃いカスミザクラがあり、毎度本当にカスミザクラなの?と、確かめに行ってしまいますが、花柄(かへい)がちゃんと枝を打っているので、間違いなくカスミザクラです。こういう変りものから品種が生まれてくるのですが、最近そういうことをする人がいなくなりました。
カスミザクラ

資料館の敷地は教育委員会の管轄なので、市内の造園会社が植物管理を行っています。昨年秋にたまたまここを通った時に、ライラックが丸く刈り込まれているのを見て仰天してしまいました。既に花芽ができているものをそんな時期に刈り込むなんて…)^o^( その結果がこんな状態です。こんなライラックを見て何が面白いものか‼ 樹木の手入れを業者にさせるのはとても危険!と、常々言っているのがお分かりかと。
ライラック

2階から大通公園を見下ろすと、10丁目のマンションがいやが応にも目に飛び込んできます。せっかく都市景観形成地区の指定をかけているのに、高さ制限がかけられていないからこういうことに。なんとかならないものか、本当に残念です。
俯瞰

昨日のお話は「札幌のまちとともに歩んだ公園」として、大通、中島、円山の三公園の話をしてほしいとのことでした。人が集まらなければここでも紹介しようかと思ったら、一日で満杯になってしまったとか。盛りだくさん詰め込み過ぎて深みのない話になってしまったかと反省しきり。でも終了後、とても面白かったと 何人もの方から言われて救われました。こういう話はもう少し余裕がある時でないといけませんが、いつになったらそんな日がやって来るのでしょうね〜
セミナー
コメント
聴講したかったです。残念、、、。
(中島公園、ボートは継続のようです。)
  • sugiyama
  • 2017/05/12 3:08 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM