現場のはしご

  • 2017.04.20 Thursday
  • 05:35
午前中は白石駅花壇管理の初日でした。東橋を渡って広い12号を走り抜けたら、前日たっぷり雨が降ったため、空気がとてもきれいに感じました。国道の曲がり口にセブンができており、駅前のビルが一つなくなってローソンが開業準備中。風景がガラッと変わっていてびっくりだけど、こんなにコンビニだらけになって大丈夫なのかねぇ…

一通り下見をしてみると、雪折れは全くなくて安心しましたが、やはり未熟なつるはかなり傷んでいました。でも予想していたよりは残っていたので一安心です。
バラの凍害

地域のボランティアが新たに二人が参加し、施設のメンバーもかなり入れ替わりました。新人含めてみんなやる気満々、作業を分担してさっそくてきぱきと進めてくれました。バラの芽が動いているので、むしろ外しはていねいに!!足元からは芽が伸びてきているので、絶対に踏まないように!!ときつく言っておいたら、新人二人でうまくやってくれて一安心。
囲い外し

枯れ枝の剪定を一通り教えておくと、二人であれこれ相談しながら、ここだよなぁ〜もうちょい上か?などと聞こえるのがおかしかったです。手が空くと、私にできることをどんどん言って下さいと、頼もしい限りでした。
剪定

枯葉集めや除草などは、もう5年くらいやってくれている常連さんが、実にきれいに片付けてくれます。ペースを上げられない人もそれなりに精一杯やってくれているので、ここの取り組みは本当に気持ちよく感じます。
掃除

北口を片付けた頃からポツポツ落ち始め、雨降りになる前に撤収できてなによりでした。その後北大に回り、先日落ちていた枝の処理をやることに。私たちが管理している場所は、かつてのように農学部の管理下ではなく、全学組織の北方生物圏フィールド・・・・・という長たらしい名前の組織に属しているため、学部の研究室に落枝が放置されているので早く片付けてくれと苦情が来たのです。いやはや役所チックなびっくりの対応でした。チェンソーを借りる時間まで、雪折れ枝の片付けを。今年の雪害は本当に記録的で、これまで軽くしばる程度で何ともなかったのに、地際近くで座屈して折れている枝が無数にありました。
生垣

落ちている枝を改めてよく見ると、とても手ノコでは無理な大きさで、最大30cm近くもありました。いやはやチェンソー手配しておいてよかった。
落枝

そのチェンソーのかかりが悪く、めちゃくちゃ能率が悪かったけれど、一時間ほどの作業でなんとか細切れに分解し、リヤカーに積めるよう片付けることができました。カッパ着ているので汗だくになりましたが、久しぶりに現場で汗をかくのは気持ちいいものです。
処理済

クロッカスは雨降りなので閉じてしまってましたが、キタコブシがちらほら咲き始め、芝生の中のチオノドクサが賑やかになってきました。私の体の続く限りは、なんとかこのスペースを維持していこうと思っています。
チオノドクサ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM