消える仕事

  • 2017.04.19 Wednesday
  • 06:00
昨日は創成川公園の作業指導が予定されていましたが、あんな予報なのでやむなく中止に。みなさん、やっぱり…と思っていたことでしょう…(^^;) 去年はわりと晴れ男だったのに、今年はハナからしくじってしまいました。でも埃っぽかった道路がきれいになってよかったです。

最近いろんなHPに、「もうすぐ食えなくなる仕事」とか「10年後には消えてなくなる仕事」というコラムだか広告がちらちらするので、うるさいなぁと無視していました。何かのページに、それがオックスフォード大のマイケル・A・オズボーン准教授らの論文から発信されていることが分かり、何気なく見ていると、なんと造園作業員もそれに入っていました。たぶんこれは、単純な芝刈りや草刈りみたいな仕事で、ルンバみたいな機械が進歩すれば、きれいにしてくれる可能性はあるでしょう。
  消える仕事

この歳になると、いつまで仕事をしていくのかなぁと、終活ではないけれど、仕事の仕舞い方を考えるようになります。だんだんデスクワークが面倒になり、根気がなくなってきたと年々感じるので、昔のようにのんびり植木屋でもやっていこうかと言う話はよくしていました。いつまでも、締め切りに追われて胃がキリキリ病む毎日を過ごしたくありませんから… 先日もポストにこんなのが入ってたよ〜と植木屋さんのチラシが。これで思ったのは、まだ若い人がこの業界に入ってくるんだということ。造園業は3K職業なので、全然若い人が集まらなくて、今に外国人ばかりになるのでは…と話していたからです。若者が参入するのはいいことだけど、まだこんなのには負けるもんか!と空元気を出しておりました。
植木屋

コンサルタントをやっていると、いろんな資格が必要になってきます。一昔前までは、士業には食いっぱぐれがないと言われましたが、最近それも危うくなってきているのです。要するに、資格ブームで有資格者ばかり増えていくのに対し、少子高齢化で社会が縮小していく今の時代では、全然食えなくなってしまう業種ばかりになってきました。難関の弁護士や公認会計士まで仕事にあぶれてしまう時代です。私が持っている最難関の技術士だって、昔は合格するとパーティーやって、これで一生食べていけるねと大騒ぎしたこともありましたが、今ではなんの重みもなく、漬け物石にもなりません。20年前に最初の資格を取った時に登録番号が3万5千番だったのに、今ではなんと8万5千人もいるのですから。
士業

こうなると、ただ資格や看板だけで食べていける時代ではなく、本物の技術を身につけなければならないのだとつくづく思うようになりました。私はなんとか死ぬまで働き続けるような気がしますが、うちの子供達を含めこれからの若者には、技術を磨いてちゃんと生き抜いてほしいなぁと思うこの頃です。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM