ハルニレ苗の定植

  • 2017.04.17 Monday
  • 05:42
札幌ハルニレプロジェクトの活動は、2014年4月から始動したので、ちょうど3年経ちました。スタートと共に採種されたタネは、さっそくメンバーによって播種され、その秋には30cm前後に育っています。その苗を北大構内某所に仮植えして2年育成したものを、昨年初冬に掘り上げて仮植えしました。雪がすっかり融けたので、その苗を定植しようとメンバーが集まって作業を行いました。寝かせた状態で冬を越したので、全く傷みはありません。
越冬苗

苗を掘り上げて樹高の計測を。一年前からさらに30〜50cmも伸びており、最高は131cm、100cm越えが5本もありました。成長の早いのにびっくりです。
計測

1m前後の大苗が40本あるので、みなさんにやっていただかなければなりません。そこで植える際の注意点を説明しました。深植えにならないこと、根を狭い穴に押し込まないこと、埋め戻す土を押さえたり踏みつけたりしないこと。いろいろあるのです。
定植

木を植えるのは初めての方ばかりなのですが、それなりにちゃんと植えられていきました。どの苗もしっかり根が伸びて根鉢ができているため、多少手荒なことをしても問題ありません。
作業

ここは水がすぐに手に入るので、しっかりと水極め(みずぎめ)をすることができます。軽く苗木を揺すりながら、竹で根鉢の回りをつついていくと、ぶくぶくアワが出て土が沈んでいき、土がしっかりと根と密着します。このなればもう完璧なので、今後灌水する必要はありません。
水極め

支柱は、一番安く手に入る女竹にしました。ここは石が全くないので、挿すのがとても楽で助かりました。細目のシュロ縄で結束して出来上がり。
支柱立て

最後には不要枝の剪定を行いました。苗木は、早く大きくなって積雪ラインを超してくれないと、雪折れで致命傷を受けてしまいます。このため上長(じょうちょう)生長を促すために、芯になる枝とサブの予備枝を残し、あとはすべて落としてしまいます。似たような枝が二股になっていると悩みますが、思い切って片方を落としてやらなければなりません。傷口も小さいのですぐに塞がり、大きくなって切ることのないよう思い切りが大切です。
整枝

予定どおり一時間半で作業が完了しました。大苗が40本、20〜30cmの小苗が約30本あるので、今後はこれらの行き先探しを考えていかなければなりません。記念植樹にほしい方は是非連絡下さい。松浦武四郎や島義勇もこの木を眺めている、由緒ある木から育てられた、血統書付きの苗木ですからね〜
完了
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM