スズラン

  • 2017.04.13 Thursday
  • 05:58
先日のスズランの番組を見ていたら、山梨県にあるスズランの自生地が紹介されていました。あの辺にもあるんだと分布を調べてみると、なんと本州中部の方が多そうなのにびっくり。北海道にはかなりあるけれど、岩手や北関東にはまばらで、長野あたりの内陸部にに集中していることが分かります。
国内分布

道内の分布も不思議な偏りがあり、十勝では内陸部までまんべんなくあるけれど、その他はほとんどが海岸線に沿って分布しているのです。確かに十勝では、あちこちにある耕地防風林の林床に、たくさんスズランが生えています。他はあまり内陸部になくて、海岸草原の中に自生があるのは、なにか理由があるのでしょうか?
道内分布
(FLORA OF HOKKAIDO:Distribution Maps of Vascular Plants in HOKKAIDO, JAPAN より)

スズランは、かつてはヨーロッパと日本・中国、さらにはアメリカに3種が自生していることになっていました。現在ではすべて同じ種となり、それぞれが変種扱いになっているようです。富丘西公園に生えているスズランと長く付き合っていますが、葉の陰にひっそりと小さな花が咲いている姿では、いくら香りがあるからといって、見に行こうという気がなかなかおきないでしょう。日高にあるスズラン大群落といっても、花はほとんど見えずに草原となっていますから。
スズラン

これに対してドイツスズランは、花が葉の上に出てくるので、まだそれなりに存在感があります。香りも格段に強いので、花期は短いものの訴える力が強いのです。スズランは高温多湿の環境に弱い高原の花と言えますが、ドイツスズランはかなりの適応性があるようで、それであの様な番組にも紹介されたのでしょう。
ドイツスズラン

北大には、スズランの3倍体の系統が昔から植えられており、どんどん増えて困るほどです。3倍体だけあって、草丈は50〜60cmもあるけれど、花はやっぱり葉の陰に咲いてます。
  3倍体スズラン
   (左から3倍体スズラン、スズラン、ドイツスズラン)

それでも花茎が40cmもあるし、ドイツスズランの2倍くらいの花の大きさなので、花だけを集めればドイツスズランなんか比較にならないほど立派な花束ができます。滝野公園にもせっせと植えているので、もう少ししたら存在感たっぷりの花が楽しめますからね〜
花束
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM