まちづくりガーデニング講座

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 06:00
昨日は、夜の講義が市民ホールでありました。ここまで来れば、挨拶しておかなければなりません。今年も元気に葉をいっぱい広げて下さいね〜とお願いしておきました。
ハルニレ

二階の一番奥の部屋で、入口にはかわいいイラスト付きの案内が立っていました。ちょっとした配慮で、雰囲気って変わるものですねぇ。
サイン

今回与えられたテーマは、『花と緑のまちづくり』。これまでこのテーマで何度話をしたか分からないくらいですが、毎度違和感を覚えるというか、しっかりと手応えを覚えるほどの話をできなかったように思います。ところが今年、いつも見ている東洋経済オンラインで、「ドイツにはまちづくりという言葉などない。」という記事を見て以来、いろいろと考えさせられるものがありました。
まちづくり

トップの下の写真説明のところに、「日本のまちづくりは概して「アリの目」でなされているため、成果がピンポイントになりやすい。対して、ドイツの都市計画は、全体の状態を把握する「鳥の目」が生きている。」とあるのをみて、なるほどという思いがしたのです。
講義

どうも安易にボランティアという言葉が使われてはいないか?という危惧を持ち続けてきましたが、活動する一人一人が、自分の活動やその立ち位置をしっかりと把握し、単なる労力提供に終わらない活動にしていく必要があると思ったのでした。煮え切らない話になってしまいましたが、これで少し私もすっきりというか、一歩前に踏み込めそうな気がします。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM