根開け

  • 2017.03.08 Wednesday
  • 05:53
日がすっかり長くなり、日差しもどんどん勢いを増してきました。今朝もチラッと積もりましたが、札幌のこれまでの降雪量も、ここ5年平均値をようやく下回り、30年平均値では85%とかなり少なめの年になりつつあります。でも今年の冬は寒さが続いたせいか、年末からちっとも雪が下がらないまま80cm前後を推移していましたが、このところの暖気でようやく下がり始めたようです。しばらく暖かさが続きそうなので、このカーブのように下がってくれるでしょうか。
 積雪深

事務所前の雪壁も、スコップがはね返されるほどカチカチに凍っているけれど、さすがにこの日差しを受けて、電柱回りが融けて穴が開いてきました。
電柱

そろそろ根開け(ねあけ)が始まってきているので、お昼を食べたついでに近代美術館の前庭に出かけてきました。雪はすっかり締まっていて、上を歩いても全然下がりません。木の回りがぽっかりと雪が融けてきておりました。これを「根開け」とか、「根開き」と呼び、まさに春の到来を一番に教えてくれる風物詩です。
立木

樹液の流動が始まるので、木の幹が温まって融けるという説もありますが、電柱や街路灯、支柱の丸太でもちゃんと融けてくれます。日差しを受けて幹や支柱、電柱などが輻射熱を発生するため,周りの雪が融けていくものです。
支柱

イチイやトウヒ類などの常緑針葉樹では、枝によって根元に雪が溜まらない上に、日差しを受けてますます融けていくので、足元はすっぽり空いておりました。
針葉樹

彫刻が黒っぽいブロンズ製なので、回りは地面近くまで融けています。こうなるとこれから雪が積もっても、ふわふわ雪なのでどんどん溶かしていくことでしょう。
彫刻

帰り道、隣の管区気象台の構内を通ると、庁舎前のエゾヤマザクラと思しきサクラが(なんとなく違うような気もするのですが…)、2年前にひどい剪定をされていじけていたけれど、少し枝が伸びて格好が付いてきたようです。標本木のソメイヨシノも同様なので、今年はちゃんと咲いてくれるかな。
気象台
コメント
今まで木が生きているから溶けている、と思っていました。輻射熱、、、ガクンです。
  • sugiyama
  • 2017/03/09 9:38 PM
sugiyamaさま

いつもありがとうございます。
夢がなくなって申し訳ありませんねぇ…(^^;)
日差しを受ければなんでも暖かくなるということで!
  • こまめ
  • 2017/03/11 8:02 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM