ブラムリー

  • 2016.10.18 Tuesday
  • 05:56
昨日は失礼しました。ようやく原稿書きのくびきから逃れ、寝不足と肩凝りからは解放されそうです。家の周りを見渡す余裕もなかったので、改めてよく見ると、小春桜の葉が真っ赤になり、山の木々の木の葉も落ち始めています。10月も下旬になっているのですからねぇ。
小春桜

先日珍しいリンゴのお裾分けをいただきました。‘ブラムリー’というクッキングアップルです。日本では料理用のリンゴはほとんど普及しておらず、ひたすら甘くて美味しいリンゴばかりが出回っていますが、ヨーロッパでは生食用よりも料理や加工用のものが主流かもしれません。この品種の発祥の地であるイギリスでは、生産量の45%をこの品種が占めているとか。ほとんど黄緑色で、これだけが少し赤味があります。まん丸のものもあればこのようにゆがんだものもあり、かなり大きなリンゴでした。
プラムリー

いろいろな料理法があるようですが、私的にはとりあえずジャムを作ってみました。朝の6時前にジャム作りをする男も珍しいかもしれませんが、なかなか時間が取れないのです…(^^;)
むいたところ

皮をむいている間も目がしぱしぱするほどの酸味が発散。こんなのでいいのかしらん?と不安になるほどの堅さです。ひとかけら口に入れると、すっかり目が醒めました!口が曲がるほどの酸っぱさです。
ざく切り

三温糖はいつも40%でやっているので、とりあえずこれでやってみることに。
三温糖

レンジで4〜5分で出来上がりとあったのですが、まず5分では全然。2個分だからその倍かと思ってやってみても全然崩れてくれないのです。料理やお菓子用にはこのくらいの堅さがいいのでしょうが、ジャムにするにはもう少し熟れている方がよかったのかもしれません。
レンジ

そこで鍋に移してコトコト煮ていくと、今度はすぐに柔らかくなってくれました。ほかにやり方があるのか分かりませんが、ちょっと手こずってしまいました。でもできたジャムの美味しいこと。やはり酸味がしっかりしているので、控えめの甘味もよく効いてくれます。今まで紅玉メインでやって来ましたが、バリエーションを広げられそうです。
鍋でぐつぐつ

長野の小布施町では、このリンゴでの町おこしをやっているそうで、首都圏にもファンクラブができているほど盛り上がっています。道内でも少しずつ認知度が高まっていくと、いろいろ楽しみが増えてきそうです。どうもごちそうさまでした♪
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM