アケビコノハ

  • 2016.09.18 Sunday
  • 05:58
昨日アケビを見て思い出しました。先日あちこちのガーデンを見学していた時、パーゴラにアイノコノウゼンカズラやブドウが絡まっている中に、アケビのつるが絡まっているのを見つけたのです。実が成っているのかな?と見ても、あんまり実付きがよくなかったようで、ちらほらとある程度。
パーゴラ

その時何か見られているような殺気を感じて、よ〜く見ると、珍しい真っ黒な幼虫がうごめいていたのです。ところが近づいてまたびっくり。なんとこちらをにらんでいるではありませんか!
アケビコノハ

な、なんだこれはとたじろいでいたら、一緒に行っていたHさんが、アケビコノハでは?と教えてくれたのです。話には聞いていたけれど、実物を見たのは初めてでした。道内ではあんまり栽培していることがないですからねぇ。テーブルの上に連れてくると、なんだか居心地が悪いのか、ほとんど動きません。。
テーブルの上

そこでブドウの葉の上に載せてやると少し元気を取り戻して、体をくの字に曲げて威嚇をしようとするのです。これににらまれれば、天敵の野鳥でもぎょっとしてたじろいでしまうのでしょうねぇ。それにしてもすごい色の取り合わせ。しばし見とれてしまいました。
擬態

アケビコノハは、幼虫時代にこのような擬態で天敵から身を守ろうとするのですが、成虫になってもその名の通り、まるで木の葉のような羽に変化して、天敵の目から逃れようとするのだそうです。それでも見つかった場合には、思い切り羽を広げるとオレンジの羽根の中に派手な目玉が出てきてぎょっとさせるという、手の込んだ擬態を隠し持っています。
成虫
 (成虫の画像はWikiからお借りしました。m(__)m )

道内にはミツバアケビが、渡島半島から石狩地方くらいまで点々と自生のある程度で、アケビやゴヨウアケビの栽培もそんなにたくさんあるものではありません。そんな植物を追いかけて、どうやってうまく生き抜いているのでしょうか?不思議な生き物に出会ったものです。
コメント
我が家のあけびには黒色の他、緑色のものも現れます。緑の方の成虫はどんな色をしているのでしょう。両方とも成虫の姿は見たことがありません。大きくなると大人の指くらいの太さになっています。毎年火バサミを持ってにらめっこしています。
  • tomo
  • 2016/09/18 7:15 PM
tomoさま

いつもありがとうございます。
成虫は木の葉隠れの術を持っているので、どこかに潜んでいるのでしょう。
アケビ科しか食べないのかと思ったら、メギ科の葉も食べるので、道内でも生育できるのでしょう。
http://www.fri.hro.or.jp/zukan/konchu/00data/cho-ga/yaga/akebiko/note.html

なんともかわいいので、自宅でなら飼っておきたいところですが…(^^;)
  • こまめ
  • 2016/09/19 8:02 AM
やっと、名前がわかりました。

我が家のミツバアケビにもかつて春先にいました。
初めて見た時はギョッとしましたが、なんかチャーミングに思えたものです。

ラベンダービネガーの防虫剤を使ってから居なくなり、さてさてどこに行ったかなとおもってました。

名前がわかり、胸のつかえがとれました。
  • patyco
  • 2016/09/19 2:55 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM