トマトイベント

  • 2016.08.28 Sunday
  • 06:14
前日の雨模様からうって変わり、朝からピーカンに晴れ渡っていました。午前中は北大の圃場整備の日でしたが、午後からトマトイベントがあるので、早めに行って一通り作業の目途をつけておかなければなりません。前回に続いてみなさんには申し訳なく途中で抜け出し、滝野管理センターのUさんに拾ってもらって一路月形へ。なんとか12時半にたどり着きました。
トマトイベント

トマトイベントも8回目になるのですねぇ。まるでトマトの妖精?のような梅木さんも、寝不足の疲れも見せず、会場内を走り回っていました。
梅木さん

もちろんみなさんのお目当てはトマトの試食。始まるかなり前から、この辺りに陣取って動かない方がたくさんおりました。本当に一昔前では考えられないほどの品種の数。一つ一つの味にもこだわるほど。私たちの生活になじんできています。
トマトトマト

十勝ヒルズの隣には、遠軽から長谷川商店も店を出していました。今年は国際豆年ということもあり、豆のブースの充実振りが目を引きました。私もヒルズの「食べる豆ジュレドレ」のクリ豆を買っておきましたが、あとで行くともう売り切れ。クリ豆の人気が特に高いようです。
長谷川商店

滝野公園からはきのたんもやってきておりました。会場内を歩いていると駆け寄ってくる子もいれば、恐くて顔を引きつらせて泣いてしまう子もいて面白かったです。見たことのある背中が見えたので近寄ってみると、なんと金子さんがサプライズでやってきていたのです!なんだか兄弟のような雰囲気ですねぇ。
きのたん

今回は道内の各ガーデンのガーデナーが集結し、5分ずつのPRを行ないました。十勝からも千年の森とヒルズ、上川からは風のガーデンや森のガーデン、北彩都ガーデン、道央からはイコロや滝野公園、ノーザンなど、なかなか見られないラインナップでのPRタイムでした。イコロのKさんは、ボスにパネルを持たせ、10月に行う「おとなのあきじかん」の宣伝を熱く語ってました。
ガーデン

このイベントは、町内だけでなく近隣の町からの参加もどんどん増え、庭を造った顧客もみなさん積極的に出店しており、広がりと厚みのあるネットワークが築かれてきていることを強く感じさせられました。コテージガーデンの約20年の歴史は、単なる花づくりから大きなムーブメントへの進化の過程を見るようです。これからもますます目が離せなくなってきましたね、梅木さん!大変お疲れ様でした〜
打ち上げ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM