お墓の消息

  • 2016.07.23 Saturday
  • 06:00
4月にあった熊本地震も、3ヶ月以上経つに連れてニュースからはあまり聞かれなくなりました。熊本にある先祖の墓のことが心配ではありましたが、なかなか確認に行く訳にもいかず、そのままになっていました。前回行ったのが3年前の春。その時の写真見ながら、あんまり不安定な墓石もないので、多分大丈夫かなぁと思っていたのです。
2013.4.6
 (熊本県合志市にある先祖の墓所  2013.4.6)

我が家の先祖の墓があるのは熊本市の北隣なので、震源地近い東や南に比べれば、あまりニュースにも出てきませんでした。それでも震度6強になっていたので、墓石がずれたりこけとるかもしれんなぁ…と松山にいる従兄弟と話をしていました。そうしたら昨日連絡があり、数日前に行ってきたので写真送るわ〜と、たくさんの写真が送られてきました。
現況1

一番大きな墓石は、私のひいじいさんに当たる七代目。かなりずれているものの、何とかぎりぎり踏み留まってくれていました。でもその横にある小さな墓石は完全に転倒。これは4歳で亡くなっている私の伯母に当たる方の墓石です。小さい石の方が転げやすいのかな。
倒壊

はでに転がり落ちているのは、六代目の奥さんの墓石でした。回りの墓は新しいものはほとんど被害がないものの、古いものや不安定な形のものはあちこち転倒しているようなので、相当の揺れに見舞われたことでしょう。このくらいの被害で済んだのは本当にありがたいことでした。
転落

これらの墓石は、なんと従兄弟と奥さんの二人で直してしまったとのこと。よくもこんな重たいものを、普段やり慣れない作業でずらしたり立て直してくれたものです。松山すら行く機会が減ってしまったのに、熊本となればなかなか機会が作れません。とにかく従兄弟に感謝です。市内に住む遠い親戚の家も、それほど大きな被害はなかったとのこと。被災地の復興も遅々として進んでいないようですが、一日も早く元気な熊本になってほしいです。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM