悲しいサルビア

  • 2016.07.22 Friday
  • 05:54
先日行った網走では、あちこち見て歩いた中にこんな花壇がありました。三週間も経っているのにこの状態では、秋に元気な花を咲かせるのは難しそう… このような悲しいサルビアになってしまったのには、二つの原因が考えられます。
はなてんと

いつも講習の際に紹介している画像があります。滝野公園のカントリーガーデンが出来たばかりの頃、植えてから二ヶ月も経ったのに、さっぱり花壇のベゴニアが大きくなってこないというのです。
滝野公園

株が大きくならないのは根に問題があるので、抜いてみればすぐに分かるでしょうと移植ごてで掘り起こそうとしたら、なんとすぽんと抜けてびっくり。なるほどなぁと、その理由はすぐに分かりました。ポットから抜いた苗をそのまま植えていたのです。
ルートボール

これはどこの現場でも当たり前のことで、ビニールポットが普及するにつれて起きてきた現象と言えます。私が社会人になった頃には、まだ地掘り苗といって畑から掘り上げた苗が、木製の魚箱にぎっしり詰められて流通することがありました。その場合には決して起きることはなかったでしょう。ポット栽培では必ずルートボールができるので、植えるときには根をしごき取って植えるということが必須ですが、ポット苗の普及に際してこれがしっかり教えられていれば、こんなことがいまだに起きることはなかったかもしれません。フラワーマスターの講習では、いつも手を挙げてもらうのですが、これをやっている方はたいてい半分以下。それが現実なのです。
抜いた状態 削った状態

ルートボールの処理と共に徹底されないのがピンチです。サルビア類のように本来秋遅くまで咲き続けるものでは、植え込まれて一月くらいしっかりと根を張って株張りを稼がせ、体力が付いてから花を楽しむようにしなければなりません。ひょろひょろ伸びた花茎や大きな花をピンチして、まず根張り株張りを増やすことが大切な作業ですが、これがまたできていないのです。せっかく咲いている花を切るなんて…と目先のことを考えていると、悲しいサルビアにしかなりません。思い切ってパチンと切ってほしいのです。
ピンチ

あちこち見て歩く中に、ちゃんとピンチして植えられているサルビアを見つけると、思わずにやりとしてしまいます。なかなかお目にはかかれませんが。
ピンチされた苗

これはいつも講習の際にご覧に入れている古い写真です。30数年前、鹿追町瓜幕の集会所の前に造られていた花壇で、これが本物のサルビアだ!!といえる見事な姿を見るに付け、いまだにこのようなサルビアを見ることがないのが寂しいです。これも多分地元で苗を作って、地掘りして植え込まれたからこんなに元気に育ったものでしょう。
瓜幕

こんなサルビアの花壇を作って見せなくてはいけませんね。さてどこがいいかなぁ…?
コメント
初めまして、釧路在住の者です。珍しいクンシランを探していたら、こちらのホームページに辿り付きました。他にも釧路八重桜の話等は初めて知りました。(若い頃に釧路を離れ最近Uターン)豊富な知識と毎日更新のパワーには敬服します。四季咲きクンシランに関してですが、釧路クンシランを栽培している所へ問合わせてみたところ、そのような物は「無い」と言われました。ぜひとも四季咲きクンシランを分けていただきたいのですが。
  • kitanoturuturu
  • 2016/07/22 2:36 PM
kitanoturuturuさま

ご来訪ありがとうございます。
私も不思議で仕方ないのですが、事務所にある四季咲きクンシランは、ちょうど2回目の花を咲かせているところです。
昨年株分けをしたので、今年はお分けすることができません。
うまくいけば来年分けられるかもしれませんので、連絡先等教えていただければ。

今日午後から釧路に移動し、明日フラワーマスターの講習会をまなぼっとで行います。
私の出番は午後からですので、昼休みに来ていただければお会いすることはできますが。
よろしくお願いいたします〜
  • こまめ
  • 2016/07/23 7:23 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM