ビロードモウズイカ

  • 2016.07.05 Tuesday
  • 05:36
週二のペースでリハビリに通う道すがら、建物とのすき間にビロードモウズイカが咲いていました。それだけならどってことはない風景なのですが、おやっと気になったことが。
街角

背丈ほどにも伸びることのある棍棒状花序の、いろんなところから花が咲いているのです。今まで何となく見ていたのですが、考えてみればどっちかにせいよ!と言いたくなる花の咲き方です。無限花序では下から順に咲き進むのに対し、有限花序では花は先端から咲き始め、下に向かって咲き進むのが一般的です。ところがこれはランダムに咲くみたいですねぇ。
花の咲き方

病院の前には、数ヶ月前に一角が一気に更地になったマンション予定地が広がり、そこには定番の帰化植物が早くも群生しています。そこにもビロードモウズイカはたくさん生えているのですが(赤丸)、その中に既に花茎を伸ばしている個体が混じっていました。あれ?お前は二年草の筈なのに、早くタネを落とさないとすぐに工事が始まりそうだと、急遽一年草になったものがあるようです(オレンジ)。はたして間に合うのでしょうか?
空き地

こんなへんてこな咲き方をするのかといろいろ調べてみましたが、どこにもそんなことは書いておりません。その代わり、この植物には実にいろんなことがあることが分かりました。ユーラシアから世界各地に侵入して大勢力になっているものの、他の植物が繁茂していると大きくなることができず、農耕地の害草にはならない代わりに、半砂漠地帯のような荒れ地にいったん侵入するとたちまち大繁殖して、生態系に大きな影響を与えるということです。そういえば昔ある採石場で見た風景。なんだか不気味な感じがしましたねぇ。高山帯にまで侵入するということは、確かに大きな脅威になりそうです。
採石場
 (南区の採石場で  1990.7.18)

花が終わると大豆くらいの果実の中に700個ものタネができ、一つの花序では20万個ものタネができるのだそう。そんなに遠くまで拡散することはないけれど、いったん土の中に入り込むと数十年も休眠し、何かの拍子に掘り返されて発芽に適した環境になれば、一斉に発芽してくるのだそうです。最近このあたりのアパートなどの陰には、こんな風景がやたら目立ちますが、ほったらかしてしているので、たくさんのタネを落としていることでしょう。
近所のアパート

するとあのマンション予定地には、その昔まだ荒れ地や畑だった頃に既に繁茂してたくさんのタネを落とし、市街地になって数十年後にようやく日の目を見たタネから生えてきたものなのでしょうか?渡来は明治初期とあり、東北から北海道に特に多いとあるので、そんな可能性も十分にあるのかと考えてしまいました。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM