シドケ

  • 2016.05.18 Wednesday
  • 05:43
先日いつも行くスーパーの野菜売り場に、何も名前が付けられていない山菜が売られていました。しかも誰も買わないのでしなびてしまい、ますます売れなさそうな状態に。何かいな?とよく見ればなんと「シドケ」ではないですか!一度食べた見たかった『山菜の王様』です。

さっそく買って帰り、ボウルの水に漬けてしばらく給水させてやると、少しピンとしてきました。正式な名前はモミジガサの名の通り、モミジのように切れ込んだ葉が特徴です。
シドケ

こんな写真ではなんだか分からないので、一度道内のどこかで見たことがあったなぁと、パソコン内をいろいろ探してみましたが、残念ながら見つかりませんでした。(そこで山菜王国秋田の「あきた森づくり活動サポートセンター」のページから一枚拝借することに…m(__)m)
モミジガサ

モミジガサは石狩低地帯から南に自生し、その中でも胆振から日高、渡島半島先端部などに自生があります。でも道内では山菜として流通しているのを見たことがありませんでした。これも東北から持ってきたものか、道内で取られたものか、何もラベルがなかったので不明でした。
分布図
(「FLORA OF HOKKAIDO」Distribution Maps of Vascular Plants in HOKKAIDO, JAPAN より引用)

しっかり水を吸ったところで、軽く茹でて酢味噌でいただきましたが、キク科特有の香ばしさと、しゃりしゃりとした食感が独特の味わいでした。でも山菜の王様とあがめられるほどなんでしょうかねぇ。ちなみに「山菜の女王」は通称「アイコ」(ミヤマイラクサ)だそうです。道内でよく食べられるエゾイラクサよりも茎がもっとしっかりしているような感じですが、秋田県人は独特の好みがあるようです。
おひたし

もう一つ、「ヒデコ」(シオデ)も山菜の王様とも呼ばれるもので、東北では人気の高い山菜だそう。出張から帰ってきて、「アイコやヒデコを食べてきたけどおいしかったぁ〜」と言って夫婦げんかになったという笑い話もあるそうですが、こういう名前がつくほど山菜に対する思い入れが違うのですかねぇ…(笑)
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM