春うらら

  • 2016.04.23 Saturday
  • 05:52
昨日は事務所に一日引き籠もって、内業にいそしんでおりました… こんなにいい天気に仕事三昧というのも味気ないので、午後から少しだけ散歩に出かけました。予報では18℃だったけれど、アメダスでは3時前に21.1℃まで上がっていたので、散歩には気持ちのいい陽気。前日二輪開花したエゾヤマザクラは、この陽気ならかなり咲いているかと思いきや、相変わらず二輪だけでした。よほど気の早いつぼみだったのでしょうか。それでもほころび始めているものはたくさんあったので、間もなく開花宣言が出せそうです。
サクラ

この近所の庭にどんな木があるか、だいたい把握しているので一回りしてみることに。同じウメの木でも、庭によって咲き方は全然違っており、ここはもう花盛りになっていました。
ウメ

円山にはツバキもかなりあちこちに植えられており、これは小さい木ながら、かわいい花がほころんでました。本来もっと早くに開花する木でも、つぼみが大きい分、雪解けから開花までには時間がかかるのでしょう。
ツバキ

以前見つけていたヂンチョウゲは、ちょうど花が開いてきていました。でもそんなに香りがしなくてがっかり。花も少ししなびた感じで、冬の間に脱水症状になったようです。
ヂンチョウゲ

ここまで来たなら気象台のサクラを見に行かなくちゃと、18丁目の管区気象台に行くと、建物前のサクラはもう7分咲きになっていました。建物の南側にあるのでエゾヤマザクラでも早く咲くのかと思い込んでいましたが、近くでよく見ると、エゾヤマザクラではなさそうなのでびっくり。
気象台

下枝がなく間近によく見ることができないので、ずっとエゾヤマザクラだと思い込んでいたけれど、確かに幹の様子も花の咲き方も少し雰囲気が違います。こりゃ面倒なことになってしまいました。
サクラ

肝心のソメイヨシノの標本木は、昨年の秋に高所作業車を入れて、丸刈りになってしまったのです。誰がこんな指示を出したのか信じられない思いでしたが、ソメイヨシノらしからぬ不細工な姿に幻滅です。
標本木

下枝が全くなくなったので、花を間近に見られなくなってしまいました。上の方をよく見るともうつぼみが割れているので、意外と早く咲きそうな気配。松前には平年より8日早く桜前線が上陸したので、札幌にも来週早々到達しそうです〜
つぼみ
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM