北海道外来植物便覧

  • 2016.02.26 Friday
  • 06:03
注文していた「北海道外来生物便覧 2015年版」が送られてきました。著者は千歳在住の五十嵐博さんで、一緒の時期はなかったものの、同じ植木屋の大先輩に当たります。はじめに の冒頭に書かれているように、「本書は図鑑ではない。北海道に記録されていた帰化植物(外来植物)を調べるための本である。」 なので、帰化植物に興味の無い方にとっては、とっても退屈な本かもしれません。私は学生の時から、自然地域よりも都市近郊の帰化植物だらけの場所の方が好きだったので、園芸植物との境界があんまりない帰化植物はずっと守備範囲だと思ってきました。なのでこの本は「待ちに待った改訂版」ということになるのです。
外来生物便覧
今回は北海道大学出版会からの刊行になったので、ある程度の販路も広がることが期待できそうです。それにしても、前田一歩園財団の助成があったから出版できました とあるように、こういう特殊な本の場合、普通のルートでの刊行はとても大変なことと思います。この元になった「北海道帰化植物便覧 2000年版」が出たのが15年前。これは自費出版として刊行したので、はたしてどれだけ出回ったのでしょうか。
帰化植物便覧
新刊の中身は、基本的には旧刊を踏襲しているといえますが、サイズがA4判からB5判に小さくなって扱いやすくなったこと、道内分布図が飛躍的に多くなったこと、なんと分類体系がいよいよAPG靴飽楾圓靴燭海、などが大きな特徴といえるでしょう。帰化植物が外来植物に変わっているのも、時代の流れを感じさせます。この分布図は、全道(もちろん北方領土を除く)を二万五千分の一の地形図によるメッシュに区切り、そこで自ら確認したものを落としているのです。なので、道内での分布情報が大変よく分かるのです。たとえば、オオアワダチソウと混同されやすいセイタカアワダチソウは、石狩低地帯に集中し、道南や道東、道北にはあまり分布していないことが一目で分かります。
セイタカ

それに対してオオアワダチソウは、オホーツク北部から宗谷にかけてがやや薄いものの、ほぼ全道に広がっています。札幌近郊でも、セイタカの方が数も圧倒的に少ないのですが、この図からは密度感覚がなかなか見えにくいのは仕方ないことでしょう。
オオアワダチソウ

その下にある682.トキワアワダチソウ には、珍しく私の名前が書かれておりますが、これは全道で唯一私がこの場所で確認し、五十嵐さんに連絡したことによるのでしょう。これの扱いについては今も扱いを検討中なので、そのうち報告できる日が来るかもしれません。
トキワアワダチソウ
 (松前町二越(ふたごえ)の海岸に生えていたトキワアワダチソウ  2009.9.13)

「今後もガーデニングブームで世界各地から新しい植物が導入され、これらが各地に逃げ出すのであろう。」と書かれているように、園芸の世界に身をおいている者にとっても、外来生物問題は避けて通れない課題であることは間違いありません。私たちにとって、決して無関心ではいられないのです。

(『北海道外来生物便覧 -2015年版-』 五十嵐 博著、北海道大学出版会 発行、2016)
(送料とも5.534円のところ、4.497円で購入できますので、ご希望の方はコメント欄にどうぞ)
コメント
「著者紹介」と明記して北大出版会に直接メール注文すれば、5,534円(税、送料込み)のところ4,497円(税、送料込み)となります。

北海道大学出版会 E-mail hupress_8あっとhup.gr.jp
(あっとを@に変換して下さい。)
  • こまめ
  • 2016/02/26 9:37 AM
初めまして。柳澤と申します。北海道外来植物便覧が欲しいのですがお願いできますでしょうか?
  • 柳澤
  • 2016/07/16 3:31 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM