手稲区最終行事

  • 2018.10.22 Monday
  • 05:58
手稲区の公園の行事が昨日で終わりました。午前中は富丘西公園の保全区域の大掃除。朝から気温が高く、ピーカンに晴れて、保全区域のススキが朝日に輝いていました。
富丘西公園

参加者はいつもの顔ぶれですが、初めての方も二人いて、さっそく刈り取りにかかりました。今年は天候不順が幸いしたのか、ススキの伸びがことのほかよく、背丈を超えるほども伸びているので、株元にもぐり込み、ざくざくと刈り進めていきました。
刈り取り

総勢20数名だけど、着実に刈り進んで、30分ほどで木道に囲まれたエリアの刈り取りが完了。焼き芋がまだ焼けていないというので、さらに外側も刈り取ることにしました。
すっきり

刈りくずをきれいにして、木道の清掃を終えて広場の集積場所に戻ってくると、刈り取った草の山にみなさん、おおっと歓声を上げていました。そこで恒例の記念写真を。この時期には珍しいほど暑くなり、汗だくになっていたので、達成感にあふれていました。
記念写真

そのあとは、維持業者さんが焼いて下さった焼き芋をいただきました。茨城産の紅あずまはほくほくしていて、みなさん大喜び。今年は大雨や地震で2回も順延になったけれど、たくさんの参加をいただいた無事に終わることができました。本当にお疲れ様でした。
焼き芋

午後からは、稲穂ひだまり公園の大掃除。公園内はまだほとんどの木々が緑の葉を着けていて、紅黄葉しているのはヤチダモとツタウルシくらいでした。保全区域に1本あるオオカメノキが、不思議な色の紅葉を見せてくれました。
オオカメノキ

ここの大掃除は、落枝の片付けと、ミズナラやイタヤカエデの稚樹の抜き取りです。参加者は4人だったけれど、うち二人は最初から必ず来てくれている親子。今は少し離れた曙に引っ越しているのに、必ず参加してくれているのです。
抜き取り

みなさんには稚樹の抜き取りをやっていただき、私はツタウルシの抜き取りを。もともとウルシにかぶれたことがなく、この時期なら大丈夫なので、ひたすらバリバリツルを引きはがしていきました。(左) これで保全区域の半分は抜き取れたけれど、ちぎれたところからまた出てくるので、しつこくやっていくしかありません。
収穫

短い時間でしたが、最後の作業も無事に終わりました。地道な作業の積み重ねが、三つの公園の多様な自然を維持しています。来年の花を是非見ていただきたいと思います〜

ササ刈り

  • 2018.10.19 Friday
  • 05:57
毎日現場をさまよっています。昨日は星置緑地の作業最終日。ピーカンに晴れていたのに、手稲に入ると路面が濡れていました。このところ不安定な天気が続きます。いつもならヤチダモに貼り付いているツタウルシが、真っ赤に色付いているのに、上の方だけがオレンジ色になっただけでした。そういえば、昔こんな記事を書いたなぁ…
(この時の連載はこちらから読むことができます。)
ツタウルシ

先日下見して決めた、作業内容と範囲を再度確認。5年前にササ刈りをしたエリアでは、したたかに復活してきているササがあります。回りのササ藪から離れている場所では、これをしつこく刈ればササは消えてしまうので、この辺りはしっかりと刈り続けたいところです。
ササ

切り株の上に、誰かがキノコを置いたかのかと思いました。これはヌメリスギタケモドキという美味しいキノコだけれど、なんで1本だけが切り株の真ん中から生えてきているのでしょうか??
ヌメリスギタケモドキ

この時点でも雨が降ったり晴れたりと、目まぐるしく天気が変わっていくので、家を出づらかったのかもしれません。7名と少なかったけれど、うち2名は初めての参加。ポスターを見て興味を持っての参加とは、嬉しい限りです〜
挨拶

まずやっていただいたのは、先月やり残した落枝(らくし)拾い。9月初めの台風被害は、ここではそれほどでもなかったけれど、落枝の量はものすごくたくさんありました。でも頭の上から落ちてくるのはとても危険なので、このように落ちてくれればありがたいです。でも湿った土に、30cmくらいぶすりと刺さっている枝を見ると、本当に落枝は怖いです。
落枝拾い

今回のササ刈りは、奥の広場から北西側出口までの間。この辺りにはキクザキイチゲやニリンソウ、ホウチャクソウなどがたくさん生えているので、来年の春が楽しみです。
ササ刈り

一時間ほどの作業でも、運ぶのが大変なくらいのササが刈り取られました。落枝は緑地内に積み上げて腐るのを待ちますが、ササはなかなか腐ってくれないので、これだけは運搬処理してもらいます。初めて参加した方も、また来年も来てみたいとのこと。のんびりゆっくりやっていきましょう〜
刈り取ったササ

秋晴れの作業

  • 2018.09.21 Friday
  • 05:58
昨日は富丘西公園の作業。これも6日に予定されていたものなので、延期しての実施となりました。いつもより2週間遅れなので、エゾヤマハギやツリガネニンジンの花がほとんど終わり、鮮やかなアキノキリンソウの花がよく目立っていました。いつもより花穂が長いように感じます。
アキノキリンソウ

スズランなどの保全区域の一角に、エゾノコンギクの一群がありますが、例年葉がウドンコ病でちりちりになり、花もあまりきれいに咲かないのです。今年は珍しく葉も花もきれいだし、ちょっとびっくりでした。
エゾノコンギク

作業内容の確認をしていくと、奥の保全区域にクズがかなりはびこっていました。高木を覆い尽くすほどはびこっていたクズも、長年の刈り取りのお陰で衰退しているのですが、あちこちに根が残っているので、完全に絶やすことができません。
クズ

オオウバユリ保全区にはびこっているオオイタドリも、10年もの刈り取りのお陰で、7月の刈り取り以降ほとんど発生してこなくなっています。このまま消えてくれればいいのですが。以前よりかなり少なくなったものの、たくさんの果実がタネを散らす準備をしていました。
オオイタドリ

作業は、クズの刈り取りから行いました。地面が固いので、根を抜き取ることができないのが残念なところ。とにかくしつこく刈り取っていくしかありません。
クズの刈り取り

オオアワダチソウは相変わらずはびこっているので、メインの作業はこの抜き取りをやっていただくことに。久しぶりの方や初めての方もいるので、在来種のアキノキリンソウとの違いを、まずしっかり見ていただきました。オオアワダチソウの根は四方にランナーを伸ばして広がっていきます。これをちぎらないよう、ていねいに抜き取ることが大切です。
オオアワダチソウの根

オオアワダチソウがはびこるエリアに散らばり、これそうだよな!などと確認しあいながら、どんどん抜いていきました。昨年は手稲中央小学校の子供達と抜き取りをやりましたが、これだけ腰を据えてしっかりと抜き取りをやったのは久しぶりだったかも。
オオアワダチソウの抜き取り

40分ほどの作業ながら、たくさんの株を抜き取ることができました。みなさんの地道な作業の積み重ねでスズランが守られていることを、もっと知っていただきたいです〜
草の山

台風の後始末

  • 2018.09.14 Friday
  • 05:57
昨日は星置緑地の作業がありました。日差しはまぶしいけれど、風はひんやりして心地よく、こういう天気がもっと早くほしかった〜とつくづく思います。
緑地に着いてびっくり。歩道際の細長い部分は、ボランティアのみなさんと外来種を丁寧に抜き取って、ほとんど在来種に置き換わってきたところだったのに、業者さんが気を効かしたのか、きれいに刈払機で削られていました。今までの努力が水の泡になってしまうよ〜(T_T)
草刈り

台風にもめげずにエゾゴマナやエゾノコンギクが咲いていたけれど、オオバセンキュウやエゾトリカブトは強風に吹き倒されてしまい、今年は秋の花もほとんど見られませんでした。
エゾゴマナ

林の中ではエゾフユノハナワラビが、濃緑の艶々した葉を広げ、同時に花のような胞子葉を伸ばしてきました。木々の葉が少なくなって、林床に日が差し込むようになると、葉を広げてくるという不思議な生活史を持っているのは、ナニワズと同じなんでしょうか。
エゾフユノハナワラビ

手稲区内でも、山に近いエリアでは風倒被害は少なかったそうで、強い南風から手稲山が守ってくれたのでしょう。完全に倒れたのは数本でしたが、木道を直撃して破損したところもありました。
倒木被害

それよりも落枝がひどく、1mくらいのものから、4〜5mもある大物まで、無数に落ちていました。この枝なんて3m以上あるものが、真っ逆さまに落下して地面に突き刺さり、抜くのに難儀するほど。強風が吹いたのが夜だったからよかったものの、昼間人が歩いているところだったら、本当に死者が出てしまいます。
落枝

累々と落ちている落枝は、ミズバショウ観察の邪魔になってしまうので、みなさんには枝拾いをやっていただくことにしました。歩道際の草刈りをしなくてよくなったので、ちょうどよかったです〜
枝拾い

ミズバショウの芽を踏まないように、枝を揃えて支障のないところに積み上げていきます。細い枝では、数年で腐ってなくなってしまうでしょう。ミズバショウやエゾノリュウキンカの多い所を中心にやっていきましたが、予定の時間内には全部は出来ませんでした。
スタック

10月の最終回は、例年ササ刈りをしていましたが、対象地は既に刈り取り済みなので、再発生したものを刈り取るだけでは時間が余りそう。残っている部分の片付けは、それに合わせてやることにしました。いろいろと大変な時期に参加いただき、本当にありがとうございました。
すっきり

干からびた星置緑地

  • 2018.08.10 Friday
  • 05:54
自宅の玄関脇に置かれている灯油タンクの下に、いつしかエゾアジサイのタネが飛んできて、数年前から花が咲き始めました。今年はそれが十数輪も咲いてくれたので、毎日出かける時に花を見て、つい顔が緩んでしまいます。家の反対側に植えてあった株は既に枯れているので、その身代わりがここに飛んできたのでしょうか。
ヤマアジサイ

予報では昼頃から雨だったのに、星置緑地に着いた時にはそんな気配は微塵もなく、緑地内は見事に干からびていました。山からの湧水や沁み出し水もとっくに絶え、ポンプアップしている水にすべて頼っているため、7月中旬にポンプを止めて以来、全く水の補給がありませんでした。ミズバショウはもう来年の準備が終わっているので、このくらいの乾燥なら問題ないでしょう。
ミズバショウ

緑地の主構成木であるヤチダモは、樹高20m近くあるのでしっかり根を張っていますが、その回りに生えて来る鳥散布によるナナカマドやズミ、ツリバナなどの樹種は、普段たっぷりと水に囲まれているので、あまり根を張る必要がないのでしょう。こういう時にはたちまち水切れを起こして、みんな気息延々状態でした。ツルアジサイやツタウルシなども、葉が巻いてもうダメかも…状態でした。
干からびたツルアジサイ

キツリフネが全く姿を見せず、殺風景な緑地内で唯一花が残っていたのがタチギボウシです。これもあと数日で花が終わってしまいそう。こんな年も珍しいです。
タチギボウシ

緑地内をチェックしていると、このような落枝をよく見つけます。草の下敷きの様子から、まだ落ちて数日以内でしょう。木道からわずかにはずれているとはいえ、こんなのが落ちてくればヘタすれば即死ですから、こういう緑地の管理は本当に気を使います。
落枝

昨日も参加人数は少なかったけれど、毎度参加して下さる熱心なボランティアの方たちなので、ヒロハヒルガオやクサヨシの抜き取りや、アシの高刈りなど、一時間近くの作業をしっかりとやっていただきました。
抜き取り作業

ギボウシの上に緑色の鮮やかなバッタがいて、ショウリョウバッタを思い出してしまいました。こんな形と色なので、図鑑で調べればすぐに分かるかと思いきや、『札幌の昆虫』にはそれらしいのが見当たりません。エゾツユムシみたいだけど、触覚は前に伸びているしなぁ。なんだろう?
バッタ

夜半からしとしと雨が降っているけれど、降水量はほんの数ミリ。もう少ししっかり降ってほしいです…

汗がだらだら・・・

  • 2018.08.03 Friday
  • 06:02
朝晩がかなりしのぎやすくなったとはいえ、日中はしっかりと暑い日が続きます。昼間町中で会った人に、げっそりやつれてどうしたんだ!と言われてしまいました。確かに数日で2kgやせてしまったので、頬がこけてしまっているかもしれません。肉体的にはほぼ大丈夫なので、昨日は手稲の現場に出かけました。

8時過ぎに富丘西公園に着くと、カマと方形枠を持ってスズランの保全区域へ。ずっと追跡調査をしている永久方形区に対して、必要な区では夏の刈り取りを行わなければならないのです。今は目印の高い竹を立てているので、わりとすぐに見つけられますが、短い目印時代には、見つけられなくてべそをかきたくなるほどでした。背丈をはるかに越えるススキやエゾヤマハギに包まれてしまうと、方角すら見失うのです。
ススキの藪

何とか見つけ出し、調査区の番号を確認してから、スズランの葉の少し上で刈り取っていくのです。方形区が1m角と小さく、ハギやマユミなどの木本の進入が激しくなってきたので、あまり傾向がはっきりしなくなり、15年近く続けてきたこの調査も、そろそろ役目を終える時期が来ているようです。
夏刈り

ヤブの中からキキョウの花がひょっこり。オミナエシのつぼみも出てきたので、この公園にとっては「外来種」であるこの二種は、すっかり定着の気配です。
キキョウ

一時間ちょっとで作業を終え、四阿で給水しながら一休みしていると、20分前だというのに早くも一番乗りが。前回雨で中止になったので、待ちかねてきたと嬉しいお言葉。その後も参加者が次々とやって来て、翌日にやったのなら連絡してくれればよかったのにと、みなさんにいわれました。本当にありがたいことです。この暑さなので、てきぱきと片付けていきたいのでよろしく〜と、早速ススキの高刈りをやっていきました。毎年区域を変えてススキやハギをひざ丈で刈り取り、弱らせることによって、スズランなど低茎草本の生育を促すものです。
高刈り

涼しくなったとはいえこんな暑さなので、途中で給水タイムを入れようかとも思いましたが、みなさん手際よく刈り取っていき、たちまち予定の範囲の刈り取りが片づいてしまいました。水分をたっぷり含んだ刈草を運ぶのも大変なので、刈り取りはここで止め、木道の上を片付けていただきました、
たちまち刈り取り

私は先に四阿に戻り、水分補給の用意をしていると、刈草の片付けを終わった方が、手分けしてブルーシートをきれいに折りたたみ、使った道具類も片付けてくれているのです。さっそくみなさんに、スポーツドリンクやお茶をたっぷりと飲んでいただき、一服していただきました。本当にお疲れ様でした。
片付け

昨年と今年で、木道の南側に広がる、スズランの最も多いエリアの高刈りが片づいたので、来年のスズランの時期にはいい感じにスズランを観察していただけるでしょう。ここに生えている野草もいっしょに刈り込んでしまいすが、わき芽が伸びてたいてい花が咲いてくれるものです。その経過もまた報告する予定です〜
刈り取り前 刈り取り後

星置緑地で作業

  • 2018.07.13 Friday
  • 05:39
昨日午前中は、星置緑地の作業がありました。市営住宅側の入り口脇には、ヒロハヒルガオの花が2つだけ。一時はこの一帯の草を覆い尽くすほど繁茂していたものを、こつこつと抜き取りを続け、完全になくならないまでも、ほんのわずかしか残っておりません。
ヒロハヒルガオ

例年であれば、この作業の時にオオウバユリがたくさん咲いていたのに、今年はたった一株だけが咲き始めていた程度。長雨で生育が遅れているのかもしれません。
オオウバユリ

緑地内はほとんどがヤチダモの林なので下枝がなく、すこーんと明るい独特の雰囲気になっています。木もれ日がキラキラして本当に気持ちのいい天気でした。
ヤチダモ林

定刻になっても、集まった参加者がたったの4名。小雨が降っても10名近く集まったのに、なんだろう?とみなさん首をかしげてましたが、久しぶりに晴れ間が出たので、やることが一杯なんでしょうということに。
挨拶

歩道脇の草刈りは、カモガヤなどの帰化植物を徹底して削り取ってきたので、格段に作業量が少なくなりました。セイヨウタンポポやブタナはまだしつこいものの、徐々に在来種に置き換わっていくのが面白いです。
刈り取り

2年前に抜き取ったキショウブが、まだ4株も残っていました。タネが飛ぶはずもないのに、なんで違う場所にも生えてきたんだろう?
キショウブ

30分ほどで歩道際の草刈り作業を終え、緑地内の木道に被さってくる、バイケイソウの枯れた茎やミズバショウの枯葉を取り除いていきました。みなさん作業にはすっかり慣れているので、作業の早いこと。その後をブロワーで吹き飛ばしていったので、ベタベタになっていた木道もすっかりきれいになりました。
木道清掃

結構気温が上がっていたので、しっかりと水分補給していただいてから解散しました。ここの取り組みは、作業範囲が限られているので、少ない人数の作業の積み重ねでも十分に効果が出てきています。だんだんやることがなくなってきているのが一番の悩みとは・・・(^^;)
完成

ようやく晴れ間が♪

  • 2018.07.07 Saturday
  • 05:47
やっと雨雲が通り過ぎていき、朝からまぶしい日差しが戻ってきました。前日予定していた富丘西公園の保全作業は、全市に大雨警報が発令され、午前中はかなりの雨降りだったので、一日順延することに。四阿で待機していると、あんな雨でも一応様子を見に来たと、3人もの方が定刻に来てくれたのです。本当に熱心な方たちに支えられている活動だと実感させられました。

昨日は駐車場に車を置いて、真っ先にオオウバユリ保全区へ。一昨日もここを歩いたけれど、足元をザアザア水が流れて大変だったのに、昨日はこもれびがキラキラ輝いて気持ちよかったです。
林の中

前日に見に来た時、雨で濡れたカシワの枝が地面に着くくらい垂れており、奥の方に全然光が入らなくなっていました。これではオオウバユリも衰退してしまうので、作業の前に少し枝を詰めておくことに。手の届く範囲なので限られてますが、これでかなり明るくなりました。
作業前 作業後

集合場所の広場に行くと、なんとも清々しい青空が。本当に待ち望んでいた青空です。
青空

前日に来てくれた方や地元町内会長など、人数は少なかったけれど、やる気満々の精鋭なので仕事の早いこと。毎年の刈り取りのお陰でオオイタドリの茎も年々細くなり、大半は割り箸より細くなってきたので、刈り取りもずいぶんと楽になりました。
イタドリ刈り取り

生育範囲はかなり狭くなったけれど、いろんな世代のオオウバユリが姿を現してきました。毎年タネが落ちて、子株が補給され続けないといけないので、本当に根気のいる作業です。
オオウバユリ

予定の30分でオオイタドリの刈り取りを済ませ、スズラン保全区域に移動して、厄介者の抜き取りをやりました。ここ数年でかなり数の増えてきたアキタブキ。大きな葉を広げて回りを覆い尽くすので、要注意植物です。地面が固くて根茎まで抜き取ることはできませんでしたが、これも根気よく抜き取りを続けて行かなければなりません。
フキの抜き取り

もう一つがオオヨモギの抜き取りです。ここの保全作業で真っ先にやったのがオオヨモギの抜き取りで、大株を作ってしまうと、スズランは完全に閉め出されてしまいます。ここ数年、作業量を軽くするためにエリアを決めての作業にしていたため、手の回らない範囲にずいぶんとはびこってしまいました。
ヨモギの抜き取り

10人に満たない人数ながら、一時間あまりの間にたくさんの作業を行うことができました。作業内容を理解している方ばかりなので、迷いなく作業できるのがこの取り組みの強みでしょうか。本当に感謝感謝です。
草の山

富丘西公園の観察会

  • 2018.06.04 Monday
  • 05:54
昨日は富丘西公園の自然観察会。暑くなる予報だったけれど、朝のうちは涼しくてちょうどいいかなとスズランの咲き具合を確認に行きました。するとスズランを見に来たご夫婦が、なんだもう終わってしまったのかいと。いやいやちょうど満開なんですけれどと、葉をかき分けて花をご覧に入れると、これでかい…と苦笑い。みなさんドイツスズランの花をイメージしているようです…(^^;)
スズラン

参加者は40数名とかなり少なめでしたが、観察会としてはちょうどいい人数でした。あんまり多くなると列が長く伸びてしまうので、このくらいが限界なんです。
参加者

いつものように私と近藤先生が保全区域の中に入り、木道の上にいるみなさんに保全作業のやり方や植物の様子を解説していきました。フキとオオヨモギが随分増えているのにちょっとびっくり。来月からの作業内容がはっきりして、作戦が立てやすくなりました。
保全区域の案内

そのあとは全体を半分に分け、近藤先生と2班に分けて園内の観察を始めました。私は時計回りで園内を案内して行くことに。この頃から空模様が怪しくなり、雨がパラつき始めたので、あわてて林内に入って大きなミズナラのところでこの森の履歴をお話ししました。
森の案内

1954(S29)年に撮された航空写真では、このあたりはまだ広々した牧草地で、このミズナラなどは草地の中にまばらに点在していたことが分かります。(左の赤い矢印の場所がこのミズナラあたりです。)私がこの公園に携わるようになったのはこの写真から40年後だったわけですが、その時既に立派な森になっていたので、意外と早く木が育つものだと感心してしまうのです。
S29航空写真

林内の植物は花が咲き終わっているものが多く、代わりにいろんな花のパウチを用意して、こんな花が咲いていたのですよ〜と案内していきました。クルマバツクバネソウがなんとか見られてよかったです。
クルマバツクバネソウ

林内にはこのサイハイランや、コケイラン、クゲヌマラン、ギンランなど、ランの仲間も少しながら咲いていました。でもこの近くのサイハイランは最近盗掘されたばかりだというし、本当に油断も隙もありません。都市内のこういう自然の保全は、本当に難しいものです。
サイハイラン

予定の時間を少々オーバーして、元の広場に戻ってきました。あまり暑くもならず、さいわい雨にも当たらずにすんでよかったです。この観察会は、事前の調査や道案内をしっかりとやっていただいた、地元のKさんとSさんのおかげで実り多いものとなったことに、この場をお借りして改めて感謝したいです〜本当にありがとうございました。

富丘西公園での作業

  • 2018.04.30 Monday
  • 05:38
昨日は朝のうち肌寒かったけれど、ぐんぐん気温が上がっていき、昼近くには汗ばむほどの陽気になっていきました。今日はもっと暑くなるとか。最近の天気は本当に極端です。昨日の午前中は富丘西公園での作業日。手稲山にはまだ真っ白な雪が残っていたけれど、園内のエゾヤマザクラは、いい感じに花がほころんできてました。
保全区域

この時期に行う作業は、スズランの保全区域に増えてきたカモガヤの抜き取りです。高茎草本を抜き取ったり刈り取ったりして、スズランが順調に増えていったのですが、それに合わせて増えてきたのが牧草のカモガヤでした。牧草は刈り取りに強いため、いわば一人勝ち状態になって猛烈に増えてしまったのです。このため、スズランの芽がまだ伸びてこないこの時期に、毎年抜き取りを行ってきてもう8年が経過し、場所によってはほとんど見当たらなくなってきました。
抜き取り

右側がやや浅緑色のカモガヤで、左がこれも増えつつあるハルガヤです。カモガヤはがっしりした大株になっていくので、スズランには圧迫要因になるため、カモガヤを優先的に抜き取ってきましたが、どちらも外来牧草なので、どちらも抜き取ってもらってます。
見分け方

作業を進めていると、日当たりがよく雪融けが早かったところではスズランの芽が伸び始めてきていたので、そのあたりは回避して作業を進めていきました。
スズランの芽

地域の方が約20名、管理の業者さんも日曜にも関わらず参加していただき、事務局を合わせて30名で作業を進めたので、約1時間で全域の抜き取りを行うことができました。
手前の抜き取り

昨年あたりから、町内の若い方も数人参加してくれるようになり、多少若返りが進んできたのも心強い限り。抜き取った大きな山を前に記念写真を撮してお開きにしました。
抜き取りの成果

近くに咲いているサクラが、エゾヤマザクラとは違うので見てくれと言われたので、うろうろ探していたら、電柱看板に玄米カフェ「じょじょ」というのがあったので、そのあと行ってみました。本当に住宅地の中なので、案内がなかったら絶対に行き当たらなかったです。
じょじょ

手作り感あふれる店内は、4〜5組で一杯になる小さな店ですが、きっちり手を加えて作られた料理は、とっても美味しかったです♪ ただ、料理が出てくるのにすごく時間がかかり、午後のイベントが控えていたのでメチャ焦りましたが、また行きたくなるお店でした。
玄米定食

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM