成人式

  • 2019.01.14 Monday
  • 05:54
今朝は家の辺りだと、−10℃以下に下がっていたのでしょうか。ダイヤモンドダストが地上にちりばめられ、街灯の光を受けてキラッキラに輝いて、とっても幻想的でした。風を切って走ると顔が痛いくらいの寒さでしたが、これでますます面の皮が鍛えられそうです。

今日は成人式。多くの市町村では昨日までに実施されているようです。遠方からの参加者に配慮して、日曜日を成人の日にして、翌日を振替休日にすればいいものを。毎年のように晴れ着が消えてしまったり、酔っ払って騒ぐ奴がいたり、18歳で成人式をやるのか?と問題になったり。成人式なんて、そんなに意味のあることなんだろうか?と、どうしても向き合うことができません。私は一浪したので、大学1年の冬に成人式だった訳ですが、住民票を移していなかったので、名簿上は松山にいたことになったいました。しばらくしてから、こんなものがと実家から送られてきたのが、ポケットサイズの用字辞典。
辞典

マジックで塗りつぶしてしまったけれど、表紙には上から、松山市の市章、祝成人、1972、松山市 と金文字が入っていました。この辞典はいつも手元に置いていて、漢字が思い出せない時にはペラペラめくっているので、相当年季が入っています。
松山市

入学して入った下宿は、北大病院前の便利のいい場所だったけれど、仕方なく学校に通っている感じで、全然勉強にも身が入っておりませんでした。ちょうど教養部でいろんな問題が起きていて、学生運動もぼちぼち始めていたこともあり、このままぬるい環境にいるのが怖かったので、10月に山鼻にある新通市場の近くのアパートに引っ越して、自炊を始めました。昔よくあった、6帖一間に流しが付いていて、トイレが共同のおんぼろアパートです。この日付を見ていると、あの寒い部屋の中が、昨日のことのように思い出されるから不思議です。
奥付

成人式といえば、やはり長女が成人式を迎えた時の方が、感慨深いものでした。いつも行ってる近くの美容室で、母の着物を着て髪をセットしているのを見ながら、親としての役目をようやく果たしたなぁと、しんみり見ていました。あれからもう13年も経ったのですねぇ。
小春の成人

こうなると、孫たちの成人までがんばって生き抜かないといけません。一緒に美味い酒を飲みたいけれど、三人かがりで来られたら、とても太刀打ちできそうもありませんねぇ…(^^;)

放映の案内

  • 2019.01.08 Tuesday
  • 13:16
昨年末からお知らせしているチェルシーフラワーショウへの挑戦の件、いよいよあと4ヶ月余りとなってきました。今月中に渡英して、下見と打合せをする予定だそうですが、この挑戦を後押しするかのように、明日(9日午前7時45分)の朝のニュースで取りあげられることになりましたので、ぜひご覧になって下さい。

ニュース

引き続き支援の受付も行っておりますので、どうかよろしくお願いいたします。

ご案内

  • 2018.10.02 Tuesday
  • 05:41
10月は予定が目白押し。既に首が回らない状態になっております…(>_<)
来週末の13日には、造園学会の北海道支部大会が行われます。昨年は高橋武市さんをお呼びしての、大変盛り上がった支部大会でした。今年はちょっと専門的な「積雪寒冷地域の都市公園における屋内遊戯施設の可能性」というテーマです。毎年いろんなタイプのテーマにしているので、こういうやや堅いテーマを、みんなで真面目に取り組んでいることを知っていただければ。

 支部大会1
 支部大会2

その翌日14日には、毎年中島公園で行っている「見どころ探訪ツアー」があります。本当はもう一週間早くやりたかったのですが、今週末は私用で札幌にいないため、この日になったものです。これまでの参加費は、保険料の100円だけでしたが、今年から500円になっておりました…(^^;) より一層ていねいな解説が必要になりますが、問題は天候ですね。私の姿を見つけると雨を降らす奴がいるので、初めから傘を差して歩くことにしようかな。

 中島公園

同じ14日には、イコロの森で2年振りの『おとなのあきじかん』があります。庭と映画とウヰスキーとマーケットというぜいたくな組み合わせ。今回も残念ながら行くことができませんが、こういうのんびりした時間を過ごしてみたいなぁ…
おとなのあきじかん

この中には、「くさもみじ&シードヘッドツアー」なんてしぶ〜いツアーも企画されているし、映画は「FIVE SEASONS The Gardens of Piet Oudolf 」という、ガーデナーおすすめの企画となっております。
 くさもみじ
ウイスキーは、工藤ボスのウィスキーバーとか、厚岸のオイスターバーもあるそうですので、興味のある方はぜひお出かけ下さい〜

花の季節

  • 2018.06.22 Friday
  • 06:00
夏至を過ぎてもう日が短くなっていくけれど、北国の初夏はこれからが本番。札幌都心部では「花フェスタ2018札幌」が始まります。十勝ヒルズではまだまだでしたが、札幌市内ではもう完全にバラの季節の到来です。12丁目のバラ園でも、23日24日には、恒例の「大通公園バラフェスタ2018」があり、満開のバラを楽しむことができるでしょう。最近見ていませんが、春先元気に枝を伸ばしていたので、きっと今が見ごろになっているはずです。

いわみざわ公園では23日から「ローズフェスタ2018」が始まります。先週より気温が上がってきているので、見頃のバラもぐんと増えていることでしょう。
 ローズフェスタ

スタッフによるローズツアーや、工藤さんによるバラ育成講座、そしてなんと朝の6時半からスタートする「朝のローズツアー」なんてのもありますよ〜
 チラシ裏

駐車場の山側にある「旧緑のセンター」(私にとっては思い出のある建物だけに、なんかいい名前付けてくれないのかなぁ…)では、7月8日まで『藤川志朗イラスト展』が開催です。

イラスト展
案内文
(藤川さんのブログはこちら)

私は日曜から恒例の渡島大島調査が始まるので、その前後の予定が詰まってしまっています。うーーん行けるかなぁ…(>_<) 車で行けば岩見沢ICからすぐなので意外と近いところにあります。公共交通では、岩見沢駅までJRか高速バスで行き、中央バスの万字線に乗れば公園入り口まで行くことが可能です。土日はさらに便利になり、行きやすくなっているようですよ。
バス時刻表

もうひとつ。札幌市が運営している「花と緑のネットワーク」では、花と緑のまちづくり活動を担う方たちを「さっぽろタウンガーデナー」として登録しています。現在の登録者は306名おり、この方たちは、スキルを積み重ねながらいろんな場所で熱心な活動を続けてきています。その一つに、23日24日に実施される『タウンガーデナーが教える「3株でつくる寄せ植え講習」』があります。タウンガーデナーがていねいに指導してくれますので、是非ご参加下さい。
寄せ植え講習

クリスマスファンタジー

  • 2017.12.03 Sunday
  • 09:44
雪の函館にいます。ようやくネットに繋がりました。
来る途中で室蘭に寄り、引っ越してきたばかりの息子一家を乗せて、函館に向かいました。内陸部に入るとかなりの雪になり、そろそろと走る車列で結構時間がかかりました。まだ明るいので、大沼に寄って団子を買い、せっかくなのでエプイを見てもらいました。
エプイ

建築の現場監理をやっているため、いろんな所のチェックをしているのが、やはりプロの目線なのがおかしかったです。施設の人は、年内にこんなに雪が降るとはねぇとこぼしてました。
雪かき

この時期に函館に来たのは初めてで、西波止場に飾られているカナダのハリファックスから毎年送られてくるクリスマスツリーを見に行くことに。毎日6時に点灯式があるのです。金森倉庫なんて、最近全然来たことがなかったけれど、今は来客の半分以上は外国からのお客さんで、昔のように地元の手作り土産が主体だった頃とは様変わりしているようです。
金森倉庫

ツルツル路面が大変だけど、家からは数分で行けるのがありがたいところ。12月初めての週末だったので、かなりの人混みでした。
点灯前

カウントダウンして、ぱっとツリーに明かりが灯っていくと、たちまち歓声が上がりました。今はLEDランプになったので、よりきめが細かく、色の変化も自在にできるようになったので、昔からは想像もできない豪華さです。真っ赤になる時間もあるそうです。毎年本物のモミノキを送っていただくハリファックス市のご厚意を、観光客のみなさんはどれだけ分かっているのかな?
点灯

そのあとは、緑の島から花火が打ち上げられました。そんなにたくさんではないけれど、足元が冷え込むこの時期にはちょうどいい感じで、終わると共に暖かい室内にさぁっと人並みが移動していきました。一才の孫1号はキョトンとしていたけれど、思い出になったかなぁ?
花火

イベントあれこれ

  • 2017.11.19 Sunday
  • 06:01
昨日の夕方から降り始めた雪は、家に帰る頃には10cmくらいだったのに、今朝は30cm越え。まだ湿って重たい雪をよっこらせと雪かきして下りて来ました。事務所の入り口や遠く離れた所にある仮駐車場の雪かきを済ませると、腰が痛くなりました。またこんな季節がやって来たのですね。
雪景色

この時期いろんなイベントが目白押し。まずはエルプラザで行われた、花と緑のネットワークの交流会に行って来ました。今回は、前半が四つの団体やタウンガーデナーによるミニイベント、後半が梅木さんの講演と寄せ植え造りの実演です。国際大学の構内で活動しているEGGも、花をあしらったボタン作りの実演をやっておりました。
ボタン

篠路で活動している秋桜(こすもす)のみなさんも、鮮やかに染められた藍染めの作品を展示してました。この団体が活動を始めた十数年前に、北区のまちづくりコンテストの審査員をやっていたので、以来ずっとその熱心な活動を見てきただけに、メンバーの高齢化などの悩みをお聞きするとうーーんと思ってしまいました。
秋桜

西区で活動しているコパンは、メンバーのNさんがあれこれ工夫がとてもユニークです。今回もあれこれ出品してましたが、花を植える前の土壌改良も徹底しており、土をすべてふるって石ころや雑草の根を取り除くために、楽にふるえるようにコロを手作りしていたのにはびっくり。でも花の育ち方が抜群なのがさすがでした。
コパン

後半の梅木さんの話しは失礼して、北大の環境科学研究院へ。毎年この時期に行われている北海道高山植物保護ネットの講演会に行って来ました。今回はヒマラヤ山脈の形成のしくみの話があったので、聞いておきたかったのです。
高山植物

講演の二つ目は恒例になっている梅沢さんによるブータンの花めぐり。相変わらずの梅沢節が満載で、本当に面白かったです♪
梅沢節

今回の目玉が、ブータンの奥地に咲いているピンクの花を咲かせる種類、メコノプシス・シェリフィー(Meconopsis sherriffii)。ほとんど終わりかけだったけれど、苦労して見つけただけに感激したそうです。やっぱり来年も探しに行くのかな。
メコ

夜の部は、滝野公園で活動しているフラワーガイドボランティアのお疲れ様会。今年も期間中は、必ず誰かが参加してきました。第一期生はもう18年も活動を続けてきているけれど、現在は六期生までいるので、賑やかに盛り上がった夜でした。
FGV

みなさんから学会賞受賞のお祝いまで頂戴し、美味しいお酒をたっぷりと飲ませていただきました。活動の方は相変わらず参加できておりませんが、みなさんが楽しく活動できるよう、これからもがんばっていきたいと思っています。本当にありがとうございました。m(__)m
日本酒

今月のイベント案内

  • 2017.11.02 Thursday
  • 04:56
花や緑の関係するイベントは、オンシーズンにはなかなか開催できないので、オフに入った11月にあれこれ予定されることが多いようです。師走になるとなんとなく慌ただしくなりますからねぇ。

まずは13日にオホーツク管内清里町で、「花を活かした景観まちづくりセミナー」があります。十勝千年の森の新谷さんと私が参りますので、お近くの方はどうぞ。申込みは6日までとなっております。
  清里

18日には、毎年恒例の「さっぽろ花と緑のネットワークフェスタ2017」があります。今年の主役は梅木さんですよ〜。講演だけでなく、いろんな催し物が盛りだくさんだし、市内で活動しているボランティア団体の情報も得られます。
  フェスタ1

それと全く同じ時間帯には、北海道高山植物保護ネット市民フォーラムの「お花畑は、いま…2017」が北大構内地球環境科学研究院であります。今回も梅沢さんからブータンの花の紹介があるので、また超満員になることでしょう。
  お花畑

24日には、「北海道フラワースキルアップ講習会」があります。今回の事務局は日本ハンギングバスケット協会北海道支部がつとめ、パネルディスカッションのコーディネーターを私がやることになっております。まだなんにも考えておりませんが、素晴らしいパネリストたちなので、稔りある時間にしていきたいと思います。
 スキルアップ

その翌日25日には、これも毎年恒例のブレインズによる「北国のガーデナーズ交流会」があります。昨年に引き続いて草間佑輔さん、それと仁木ヒルズでガーデン造りに励んでいる福森久雄さんがゲストです。これに参加することにより、一年が終わったと実感される方も多いことでしょう。
  交流会

いやはや本当に盛りだくさんですねぇ。私もこんなに顔を出さなくてはいけないのかと、ちょっと焦り気味、いろいろ情報を仕入れたり、新たな発見の場としてぜひご活用ください。


なお、これから九州と四国に旅立ちます。別府にいる大学の同期生のところで、同期会をやろうと春のうちに決めていたことがきっかけでした。どうせ九州まで行くのなら、熊本にあるにある墓にもお参りしなくちゃ。別府から松山はすぐなので、そちらの親戚や墓参りもしなくちゃということになり、超盛りだくさんな旅になりました。途中でブログを更新できるのかよく分かりませんが、せっかくの機会なので楽しんでこようと思います。

トマトイベント

  • 2017.09.03 Sunday
  • 06:24
忙しい一日は、まず北大の圃場整備。ちょうどウチダカノコが開いてきました。これが咲くと夏の花が終わり、いよいよ秋も本番になってきます。みなさんが来るまでに二仕事片付け、お願いする仕事を説明してからあわてて着替え、札幌駅へ走りました。
ウチダカノコ

岩見沢行きの各停に飛び乗って、岩見沢で乗り換え、中央バスの月形線で月形に向かいました。この時間月形に行くには、これしか方法がないのです。通しで乗る人は私だけで、乗客もまばら。ローカル線の置かれている状況を肌で感じます。
月形線

会場に近づくと賑やかな音楽が聞こえていたので、内倉さんの息子さんのバンドだったよう。ちょうど会場に到着した時に終わってしまいました。駐車場もほぼ満杯だったので、かなりの人出だったようです。
トマトイベント

会場の中に入ろうとしたら、イベントが終わってトマトの食べ比べに殺到。今年は室内だったので、中は身動きもできないほどの混雑振りでした。おかげで藤川さんの展示も見られずじまい。あとで少しだけ見せていただきました。
食べ比べ

恒例のお楽しみ抽選会は、どうせ当たらないだろうけれど、昨日は「宝くじ(92)の日」だったので、少しは運があるかな?と思ったら、なんとキャロットのコーヒーが当たりました♪
抽選会場

イベントが終わり、スタッフが一所懸命に片付けているのを尻目に、工藤さん持参のスコッチをちびりちびり。ちゃんと営業許可証を掲示しておきました。薄曇りで暑くもなく、本当に気持ちのいいイベント日和になったのではないでしょうか。
ラフロイグ

打ち上げでは、なんとサプライズで私の誕生祝いのケーキが登場。感謝感激でした。
ケーキ

工藤さんとは40年近く、梅木さんとも20年の付き合いとなり、本当にいろんなことを乗り越えて来たと思います。こんな場でこうして楽しい時間を過ごせるのも、みんなそれぞれ力一杯生き抜いてきた結果だと思い、気持ちがほろっと来てしまいました。本当にありがとうございました〜
誕生祝い

6年前

  • 2017.03.13 Monday
  • 05:48
6年前の3月12日は、朝から大混乱していました。地震や津波被害の全貌がまだ全然つかめないし、原発の被害もまさかこんなになっているとは誰も思っていなくて、日本全国右往左往状態だったかと思います。本当はこの日の10時半から、駅前通地下歩行空間の開業式典が行われるはずでした。もちろんこんな状況ですから、前日の夕方には式典中止の連絡が来て、12日の朝からなんの前触れもなく、通行が開始になりました。午前中開業記念式典、午後からシンポジウム、夕方から祝賀会と一日予定を入れていたので、せっかくだから利用状況だけでも見ておこうと、この時もたしか事務所から歩いて町まで出かけています。

物珍しさもあるのか、土曜日の午前中にしてはものすごい人の流れでした。天井にぽっかり空いている明かり窓は、やはりみんな見上げていました。
光窓

出口を示すサインは、LEDによっていろんな色彩やデザインが表現できるような仕様になっているのに、この時は5色(だったかな?)に変化していましたが、いまだかつて白以外になったのを見たことがありません。そんな機能があることすら知らないのでは?
光壁

札駅寄りには、それまでのスマートな細身の丸柱が、急にごつい四角柱になっています。これは、かつてここにあった機械室を北3条通に移転させたので、昔の四角の柱がそのまま残ってしまっていたものです。市の方は黙ってそのままスルーしてしまうつもりだったのを、私が見つけて問いただしたところ、これを壊して新しく作り直すと何十億の費用と、何ヶ月かの開業遅れになってしまうので、なんとかこれをそのままにさせて下さいと泣きつかれました。そこでこういうのに慣れている委員長が、柱をかえって太くしてサインボードが入るようにし、そこにこのようなアイヌ模様の展示スペースとしたものです。今度通った時には、通路の不自然さをなんとか苦労してカバーしている様子をご覧になっていただきたいものです。
四角柱

開業記念品は、紅白饅頭でも付くのかと思ったら、後日封筒が一つ送られてきて、式次第とマップ、そしてこの冊子が一つ入っていました。上田市長は、このような式典はできるだけ簡素にやるのがモットーだったので、まぁこんなものかと思いましたが。
記念品

この冊子を持って、中心部のあちこちを散策してほしいとの願いだったのでしょう。6年経って、チ・カ・ホの存在感はすっかり定着し、新しくできるビルがどんどん接続することにより、地上部と地下の連携も進んできたように思います。その意味からも、これの建設に関わることができたのは、本当に意義深いものがあったと思っています。
イラスト記念誌

お食い初め

  • 2017.02.06 Monday
  • 05:47
三人の孫のうち、少し早く生まれた1号は、正月に帰省したときにお食い初めも済ませました。予定日が二日しか違わなかった2号と3号は、かなり変則な誕生になったものの、無事に百日を迎えることになったので、合同でお食い初めをやることに。昨日の日曜は朝から快晴で、本当に春のきざしを感じることができました。グッドタイミングで自宅前の排雪も昨日終わったので、前面道路は見違えるように広々と。
道路

母を迎えに行き、併せて買い物を済ませて家に戻ると、ほどなくして余市から娘一家がやって来ました。ぐっすり寝ていたので、そのまま母に預けていると、こまめも気が気でないように覗き込んでおりました。
母とひ孫

我が家のお膳がなぜか見当たらなくなったので、かみさんの弟二人からお膳を借りることに。上は女三人、下は男三人なので、お膳が男用と女用しかありませんでしたが、この際細かいことには目をつぶりましょう。
お膳

行きつけの魚屋で鯛の姿焼きを頼んでいたら、やはり愛媛県産でした♪さっそくひいばあちゃんから食べさせてもらいました。
蒼佑

鯛の次はお膳でも一通りやりながら記念写真タイムを終え、まだミルクしか飲めない孫たちを尻目に、むしゃむしゃとご馳走を食べてしまいました。
秋文

いつもならのんびりとしていられるのに、知らない人たちがドカドカとやってくるので、こまめは床に下りてくることができず、梁の上を行ったり来たり。ポカポカ陽気で気温も上がっていたので、本当は下のソファーで寝ていたかったのになぁ…と、大あくびをしておりました。
こまめ

ひとしきり赤ん坊同士、こちらの方が手足が長いとか、髪の毛が早く伸びてるとか、比べられておりましたが、従兄弟同士この三人は、ずっとこうやって比較されてしまうのかなぁ… 私たちにとっては、みんな同じくかわいい孫なので、絶対に比べないことにしておりますが。
記念写真

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM