中国のお土産

  • 2018.11.29 Thursday
  • 05:51
先月大通高校で、中国から来た高校生たちに、ハルニレの話をやりました。その時にいただいたお土産をじっくり見ないまま、本棚の隅に置いたままでしたが、最近事務所にいることが多いので、手に取ってよ〜く見ることができるように。どんなものかも分からないのも失礼なので、少し調べて見ました。一つは書の拓本です。現在の西安碑林博物館の前身は、1087年に設立された『西安碑林』で、文書だけでなく千基もの石碑を収蔵しているのだそうです。
西安碑林

ただのコピーではなく、本物の拓本で、墨の匂いがまだプーンと漂います。この拓本の題は『蘭亭序』となっており、行書なので読みやすく、意味はよく分からないけれど、確かに見事な筆だなぁと思っていました。
蘭亭序

この『蘭亭序』とはなんだろうと調べてみると、なんと書聖とよばれる王羲之(おうぎし)の書の中でも最高のものとされているのだそうです。ちゃんと調べてみるものですねぇ。加筆や書き直しがあると思ったら、酔っ払って書いたものなんだそう。
wiki

真筆はもう残っていないと言われ、この碑文も筆跡の中から行書の文字を拾い集めて石碑にしたものだとのこと。その石碑が西安碑林に残されているようです。ネットで調べていくと、書き下し文も見つかったので、じっくり読んでみようと思います。

王義子

もう一ついただいたのが、『剪紙』(せんし)と呼ばれる切り紙細工。そういえば、春節の時期に、窓ガラスに赤い切り紙を貼り付けている風景を見たことがあります。
剪紙

ただこれは、わざわざ「藝術」と謳っているだけあって、かなりの大きさもあり、絹に貼り付けて軸装された立派なものです。くれぐれも湿気には気をつけてくださいといわれたので、はがれる恐れがあるのでしょう。今年の正月に、部屋に飾ることにしましょう。
剪紙芸術

もう一つ、別れ際に高校生からいただいたのが、この印材でした。紅瑪瑙とあり、とても堅そうな材質です。はんこ屋さんのHPを調べてみると、「開運、豊作、長寿、健康をもたらし、勇気と行動力を養う力があるとされる水晶です」とあるので彫ってみたいけれど、持ち込みでもかなりかかりそうなので悩んでいます。それにしても、なんで私にくれたのかなぁ…?
印材

年金前のハルニレ

  • 2018.11.12 Monday
  • 05:56
旧厚生年金会館が営業を終え、仮囲いで囲まれてしまいました。私たちにとっては、「年金」といえば、なんたって厚生年金会館のホールのことを指していました。ここで聴いたコンサートは、ちょっと高かったけれど、なかなか聴けないものが多かったし、芝居やダンスなど、一つのステイタスを持っていた所でした。なくなってしまうのは、とっても寂しいです。
年金のハルニレ

こういう建物は、いつか老朽化すれば消えていくものなので、そんなに感傷的にはなりませんが、ここにあるハルニレの行方が気になっているのです。次の画像は2005年7月8日に撮したもの。この時には、全市にある景観的に優れている樹木の調査を行っていたので、撮したものでした。
2005年の様子

かつてこの前の北1条通は、一般国道5号の一部でした。国道は、1984年に創成川沿いから札幌新道経由に切り替わり、この区間は道道124号宮の沢北一条線になって、現在は札幌市の管理する道路です。年金前の道路には、8本のハルニレが車道にはみ出して立っていたのだそうです。この辺りには、ハルニレがたくさん生えていたところなので、道路敷の中に取り込まれたものがたくさんあったわけです。ところが、どんどん車が増えていけば、通行の支障になるので、切る切らないの論争が盛んに起きていました。
タイムスの記事
 (1969年4月16日の北海タイムスの記事より)

いろんなやりとりの後、特に支障になり、樹勢の弱っているもの2本を伐採することが決まりました。後の6本は、そのまま残されることになったのです。
記事のアップ

その後何年後なのか、正確な記録がありませんが、残りの6本は伐採ではなく移植することになり、そのうちの2本が向かい側の年金の敷地内に移植されました。この画像は、札幌市のアーカイブにあったものなので、公文書館に行けば記録が残っているはずです。
移植中

これが取り壊された後、何ができるのか分かりませんが、隣にあった日販の敷地内にあった樹木だって無残に切り刻まれてしまったので、ここだってそうなる恐れが十分にあります。そういう謂われをしっかりと残していく必要があるのです。

ハルニレの冬囲い

  • 2018.11.04 Sunday
  • 05:53
昨日は最高の秋晴れで、ラジオでは「平成最後の小春日和」なんて、大げさなこと言ってましたが。ハルニレの冬囲いをするので、道具を取りに家に戻ったところ、隣にあるイロハモミジが最高の紅葉を見せていました。ここにはもともと2区画の敷地に家が建っていたけれど、そこが売りに出されたので、家が2軒建ちました。このモミジがちょうど真ん中にあったので、双方で話し合って残されたものです。朝早く出て、夜に帰ってくるので、こんなにきれいになっているのに気がつきませんでした。
イロハモミジ

本当に雲一つない最高の天気で、みなさんどこに行ったのでしょうかねぇ…結構道路も混んでました。手稲の畑に着くと、ハルニレの葉はほとんど落ちており、作業しやすくてなによりでした。一番大きなものは2.5m近くになっています。
ハルニレ

作業の時に集まるいつものメンバーで、さっそく中・小苗のポット植えをお願いしました。約50本あるけれど、なんと20分ほどで片付けてしまってびっくり。さすが慣れているので心強いです。
ポット植え

大苗は、しっかり根を張っているので、根切りしていかなければなりません。スコップを挿すとブチブチと手応えがありました。ここの土は全く石がなく、粘りも強いので、根巻きするには最高の条件でした。
掘り取り

80cm角のジュートの薄い布が、冬囲い資材で売られていたので、根巻きにはピッタリ。そっと真ん中に置き、風呂敷を包むように布を縛ってから、太い麻ひもで巻き上げます。最高気温が17℃くらいの予報でしたが、風がないのでかなり暑く、みんな汗だくになってしまいました。
麻袋

根巻きができた苗は、片隅に横倒しにして、冬を越させます。この場所は2mくらいに雪が吹き溜まるので、昨年もかなり折れてしまいました。来春にこのまま運搬して植樹する予定なので、ここで倒して越冬させることにしたのです。
横倒し

大苗をきっちり重ねて倒していき、軽く土をかけて完成です。ポット苗もその後ろに寝せて、予定の2時間できっちり完了しました。
冬囲い

ここの畑で2年過ごさせていただいたお陰で、みんなたくましく育ってくれました。畑を貸してくれたHさんには本当に感謝です。まぶしい日差しを浴びながら、みんなで記念写真をパチリ。本当にお疲れさまでした〜
完成

ハルニレの行方

  • 2018.11.02 Friday
  • 05:54
私たちハルニレプロジェクトが育ててきたハルニレの苗木は、既に私の背丈を超えてきており、いつまでも管理していると動かせなくなってしまいます。記念植樹で使うものも一段落したので、どこかに植えさせてもらえないか、あちこちに打診しておりました。
苗木

昨日はその打合せを行うため、昼前に出かけましたが、途中でお昼を食べようといつもの丸亀に入ると、店の外まで行列ができるほどの大混雑。なんだろうと思ったら、毎月1日は釜揚げうどんが半額になるのでした。いつものように釜玉と天ぷら1つ頼んだら、なんと160円!思わずえっ?と聞き返してしまいました。釜玉が半額で210円、特大かにかまが160円の370円なのに、私の持っている丸亀の「プレミアム60カード」で50円引きになり、そのスタンプが5つで天ぷらがただになって160円になった次第。なんかもうけた気分になりました♪
丸亀

近くにあるパークゴルフ場は、こんな天気でもたくさんの老若男女で大賑わい。時折ザァッと雨が降っても全然平気で、誰一人傘を差すわけでも、雨宿りするわけでもなく、熱心にプレーを続けておりました。すごいですねぇ。
パークゴルフ場

降ったり晴れたりの繰り返しで、本当にいつまでこんな天気が続くのか、うんざりしてしまいますが、北の空に短い虹が見えたのが、わずかな救いでしょうか。
虹

打合せの結果、なんとかハルニレを植えさせていただくことができそうで、ホッとしました。もちろん植えておしまいではなく、しっかり手入れして、大きく育つところまで面倒みなくてはいけません。
植樹対象地

帰ろうとふと北の空を見上げると、雲の切れ間から、雪を被った暑寒別の山並みが。これを見ると確かに11月になったんだなぁと実感させられました。
暑寒別の山

中国高校生訪日団

  • 2018.10.20 Saturday
  • 05:55
昨日は大通高校で、日中の高校生たちを相手に、ハルニレプロジェクトのことを少し話しました。訪日の目的が、「日中植林・植樹国際連帯事業」2018年度中国高校生訪日団というもので、日本の環境保護・防災対策に関する知識を深め、日本の高校生や市民との親睦を深めることが目的となっています。
まずは日中の高校生たちがテーブルを囲み、それぞれの国の環境問題を出し合い、それを克服するためにできることは何かを話し合いました。お互い多言語対応の生徒が多いので、ちゃんと話し合っているのにはびっくり。
ワークショップ

今回の訪日の目的の一つが植樹なので、大通高校の先生から相談を受け、ハルニレとラベンダーの植樹をすることにしたのです。そこで、札幌の町とハルニレの関係と、私たちがどうしてハルニレにこだわってきたかについて、短い時間ではありましたが、紹介させていただきました。
ハルニレ

終わってやれやれと思っていたら、中国から参加した二つの高校から、それぞれお土産があるのでもらってほしいとのこと。博物館級の素晴らしい碑文の拓本と、絹製の切り絵の掛け軸をいただき、恐縮至極。今週は北京市からの研修団に続き、二つも対応するのも珍しいことでした。
お土産

ロビーにある大階段に、日中の高校生が並んで記念撮影。手前の歓迎の文字は、大通高校の習字の先生の揮毫だそうです。
記念写真

それから校庭の隅で記念植樹を。前日に掘って運び込んでおき、仮ぎめしておいたので、あわてなくてよかった。ちゃんと水極めして水鉢を作り、しっかりと植え込んでもらいました。
記念植樹

私も記念撮影にもぐり込んで、ぱちりと写してもらいました。
完了

それから屋上に移動し、今度はラベンダーの植え込み。ここも16日に生徒たちにがんばってもらい、掘り起こして堆肥を入れ、しっかりとした準備をしておきました。ハルニレは代表6名が植樹したので、残りの24名に一株ずつラベンダーの苗を持ってもらい、しっかりと根をしごいて植え込んでもらいました。
ラベンダー植え

大通高校の生徒と向き合って、苗を植えていただき、こちらの植樹も完了です。あとで灌水しながら植え直すものも少しありましたが、ほとんどがちゃんと植えられていてホッとしました。学校紹介でも農作業をやっていたので、土いじりになれているようです。
完成

すべてのプログラムが終了し、ロビーで双方の生徒たちが交歓するのを見ていると、西安の高校生が一人やって来て、これを是非もらってほしいと小さな小箱を。中には紅瑪瑙の印材が…通訳がいないので詳しいことが聞けなかったけれど、本当に嬉しかった。何日も通って準備をするのが大変だったけれど、それらの苦労が吹き飛ぶ思いでした。やっぱり中国の緑づくりにも、お手伝いしなければならないかなぁ…

AIR-G'

  • 2018.09.05 Wednesday
  • 06:03
関西地方に大きな被害を出した台風21号は、夜中に日本海を駆け上がり、札幌では最大瞬間風速が33mほど。余市や仁木の果樹が心配です。農家さんは、気が気で一睡もできなかったのではないでしょうか。

先週末、AIR-G'のリポーターから電話がありました。5月に道新のさっぽろ10区(トーク)で特集された「札幌ハルニレプロジェクト」のことがずっと気になっていて、是非ハルニレのことを取り上げたいとのことでした。いろいろ話していくと、火曜の昼過ぎに5分ほどの現場レポートなので、それならぶっつけ本番でやりましょうということに。昼前にハルニレのところに行くと、ディレクターと二人が待ってました、
ハルニレ

こんなにびゅーびゅー風吹いてても、スポンジ被せているので全然大丈夫なんだと。ずいぶん身軽なんですね?と言ったら、一応中継器は持ってきてるけれどあくまで予備で、実際には iPhone 使って会社まで電波飛ばすんだと!便利な世の中になったものですねぇ。
中継機器

5分なので、二言三言で済むかなぁ…と思っていたけれど、どんどん振られてくるので、わりと必死でしゃべりました。ちゃんと伝わったかなぁ…(^^;) あっという間に終わり、ホッとしたところで写真を取ってもらいました。番組ブログにも、夕方にはアップされていましたよ〜
無事終了

公園側に渡ってハルニレを振り返ると、こんな感じで創世スクエアから見下ろされているのですね。創成川の東の再開発が先日話題になっていたけれど、この街区はどうなっていくのでしょうか?それが見えてくるまでは、プロジェクトを続けていかなければならないでしょう。
創世スクエア

遅いお昼でも食べに行くかと歩き始めると、歩道脇の植えますでは、一才サルスベリが満開になっていました。高木性のサルスベリも、市内でちらほら見かけますが、この一才ものは低木性でたくさん開花してくれるので、花の少ないこの時期にとっても目立ちます。一体誰がこれを植えたものなんでしょうねぇ…?
サルスベリ

久しぶりに遊鶴の美味しい蕎麦を食べて、事務所に戻ろうとしたら、わしたショップでシークワーサーが山盛りに。小さな袋に詰め放題で250円につられ、挑戦してみました。大小組み合わせて90度ずらして詰めていき、10個入ったので、生サンマの塩焼に絞って食べることができました〜♪
わしたショップ

にれの木ものがたり

  • 2018.08.20 Monday
  • 05:50
土曜日の午後には、制作に札幌ハルニレプロジェクトとして協力してきた朗読劇『にれの木ものがたり』の発表会がありました。会場は道庁赤れんが庁舎の会議室。ここでは、これまで何度も講演会や講習会をやって来たなぁ…と、ちょっと懐かしく思い出してしまいました。

 にれの木ものがたり

劇の性格上、ここでやりたかったのかもしれませんが、なにせキャパが小さいので、立ち見の方がたくさんおりました。私たちには最前列の来賓席が与えられて恐縮至極。まず最初に、制作過程のビデオがプロジェクターに映されました。私は参加できなかったけれど、記念植樹のスタートは大通西1丁目のハルニレのところ。メンバーのSさんが、このハルニレの謂われについて説明してくれました。実際のハルニレをこのように触って体感できたのは、その後の進め方にはとってもよかったと思います。
ハルニレ案内

その後は北広島に移動し、私たちが育ててきたハルニレを2本、子供たちの手によって植えていただいたのです。泥まみれになって、一所懸命植えている様子がよく分かりました。
ハルニレ植樹

肝心の本番は、正直予想よりはるかによかったです。私は6月2日のオリエンテーションの冒頭で、札幌の町とハルニレの関係について、30分ほどお話しをし、その後のレクチャーや試読の様子を見ていて、7回のレッスンで仕上げるのは大変だなぁ…と思っていたのです。みなさんの隠れている能力を、うまく引き出すのが上手だったのでしょうか。
芝居

脚本も、骨格はあくまで百田宗治の『にれの町』なんだけれど、うまく史実と絡めながら、分かりやすくストーリーを作っていました。16人の子供たちと、成人12名で創り上げた朗読劇。文句なく素晴らしかったです。札幌ハルニレプロジェクトとしても、いろんな形で協力して、本当によかったと思いました。
カーテンコール

植樹の準備

  • 2018.06.23 Saturday
  • 05:55
先日参加した、朗読劇「にれの木ものがたり」の参加者によるハルニレの植樹が、本日行われます。そのハルニレを準備しなければならないので、昨日の夕方手稲の畑にメンバーが集まりました。植樹するのは2本なので、素性のいいものをと、樹高が2.2mと2.3mにもなっているものを選びました。春から更に40cmも伸びていました。
植樹3号

春から伸びた枝がぼうぼうで、風を受けてよじれてしまうため、いらない枝をていねいに落としてもらいました。こうすることにより、上に伸びる力が集中するのです。
枝透かし

普段から、草花をいじることはあるけれど、木を掘り取ることはなかなかないものです。庭木の掘り取り講座のように、少しずつやっていただきました。私だってコンサル時代に少しはやっていたけれど、随分久しぶりのことでした。
掘り取り

北大構内からここに持ってきてちょうど2年。しっかりといい根が四方に伸びて理想的な根鉢を形成していました。ハルニレは直根があまり出ないので、こういう時にはとても扱いやすいのです。
根鉢

メンバーのNさんは現役の植木屋でもあるので、さすがにプロ!!という腕前で、たちまち根鉢を麻袋で包んでいきました。これ以上大きくなると私たちの手に負えなくなるので、今年の秋にはこれらの苗木もすべて片付ける予定です。
根巻き

1時間弱で、ハルニレの掘り取りと手入れも完了したので、みんなで記念撮影を。今回のハルニレは植樹3号と4号となります。私は既に別の予定が入っていたので、残念ながら今日の記念植樹には参加できませんが、子供たちの手によって、しっかりと植えられることでしょう。
集合写真

にれの木ものがたり

  • 2018.06.03 Sunday
  • 05:46
NPO法人 ことばのひろば五億の鈴の音 が企画している朗読劇「にれの木ものがたり」に、わが札幌ハルニレプロジェクトも協力することになり、昨日はその第一回目のオリエンテーションがありました。
  にれの木ものがたり

会の冒頭に、少し時間をいただいて『私たちの町札幌とハルニレ』というテーマで、札幌の町の成り立ちやハルニレのこと、その関係性などを簡単に説明させていただきました。主役は小学生の高学年なので、言葉遣いや用語の使い方に、人一倍神経を使うものです。準備が結構大変でした。
解説

この朗読劇の元ネタが百田宗治(ももたそうじ)の『にれの町』だったことから、ハルニレについての活動をしている私たちのことを知り、協力を求められた経緯がありました。以前ある高校の放送部が制作した『札幌のチャチャ』というビデオ作品にも協力していますが、その時の顧問の先生がNPOの理事になっているのにまたびっくり。世の中狭いものです。
にれの町

言葉や画像だけではハルニレを実感できないだろうと、自宅で鉢植えにしているハルニレを持ち込み、ちょうどたくさん舞い落ちているハルニレのタネも、昨日集めてきて触ってもらいました。理事長の五十嵐いおりさんの発声練習はさすがで、みなさんめきめきといい声になっていくのが分かるほどでした。
発声練習

昼に終了後、また北広島に移動。先日植樹の下見をやった場所が、当日使えないことが分かり、同じく北広島市内にある別の施設を植樹場所にすることになったのです。今度はうんと開けたところなので、芝生内のシンボルツリーになるよう、2本の位置をすぐに決めることができました。植樹の本番に参加できないのが残念ですが、楽しい植樹会になることでしょう。
植樹の下見

この建物の裏に、真っ赤な花の咲いている大きな株ものがあり、近づくとなんとボケでした。2mくらいのボケはよく見かけますが、3mを越すほどの大ボケは初めてです。いろんなものがあるものですねぇ…
大ボケ

札幌ハルニレプロジェクト

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 07:18
本日の北海道新聞には、さっぽろ10区(トーク)が折り込まれています。今回の特集は、なんと札幌ハルニレプロジェクトです!!先日取材を受けたものが、今日発行されました。道新を取っていない方は、是非コンビニ等でお求め下さい。真ん中の写真は、大倉編集長自らが道路に寝そべって写したもので、さすがですねぇ。こうでないと迫力ある構図にならないと言っていたのが、これを見ると納得しました。
今年は、育ててきた「血統書付き」のハルニレの苗木を、あちこちに植栽することが活動の主眼です。百年以上生きるハルニレを、それにふさわしい場所に植えたいので、情報のある方は是非連絡下さい。よろしくお願いいたします。
道新

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM